iLaboo
「分かる・使える・得する」
iPad

一般人には「9.7インチiPad(第6世代)」があればProは必要ない。

9.7インチiPad(第6世代)

2018年3月27日Appleから「9.7インチiPad(第6世代)」が発売されました。

大きさや画面サイズなど基本的なところの変更点は、第5世代と変化はほとんどありません。しかし、今回のiPadでは、Apple Pencilが対応になり、今までiPad Proを買わないと使用できなかったことが、廉価版の「9.7インチiPad(第6世代)」でも使用できるのは非常に大きな意味合いを持つ商品です。

今回は「9.7インチiPad(第6世代)」について解説していきます。

「Apple Pencil」対応の廉価版9.7インチiPad(第6世代)

9.7インチiPad(第6世代)

現在、Appleで販売されているのは「iPad Pro」「9.7インチiPad(第6世代)」「iPad mini 4」の3種類です。

基本性能だけなら、iPad mini 4よりも優れ、iPad Proよりも劣ります。しかし、そもそも3種類のiPadはタイプが違い、持ち運びを重視するならコンパクトなiPad mini 4、パソコンの代わりに使用するならハイスペックなiPad Pro、手軽に使える9.7インチiPad(第6世代)といったイメージです。

もちろん、第5世代よりも性能は格段に向上しており、CPU性能が40%、グラフィックス性能が50%高速化されていることにより、グラフィックの良いゲームの利用や、その他サードパティのアプリの使用が快適です。そして、今回最大の売りは、「Apple Pencil」に対応したこと。

ちなみに、3種類とも薄型・軽量ですので、外に持ち出して使用することはできますが、iPadやProにフィルムやケースを付けてしまうと重く感じるため、やはり外出先に持っていくならminiが個人的にはオススメです。

iPad第6世代とiPad Proとの違いは何か?

9.7インチiPad(第6世代)

まず、ディスプレイの質が違うこと。

反応の良さ、動きの滑らかさ、色の鮮やかさ、見やすさなど、どれをとってもiPad Proのほうが優れています。

しかし、iPad利用者がiPad Proに切り替えた時でないと違いが実感できないくらい「9.7インチiPad(第6世代)」も優れていますので、初めてiPadを購入する人なら気にするほどではないかもしれません。

次に、iPad Proで使用できるsmart keyboardがiPadでは使用できないこと。

手書きより文字入力を行うことが多いユーザーからすると残念と思っている方は少なくないと思いますが、他社製のBluetoothのキーボードが使用可能なので代用しようと思えば問題ありません。ただ、薄さ・スタイル・重さどれをとってもsmart keyboardほどしっくりくる商品があるわけではないのも残念なところです。

最後に、Apple Pencilの書き味に違いがあること。

私は絵を描くことが苦手なので、文字を書いた時の印象ですが、iPad Proでは本当に紙に鉛筆で書いたような文字を素早くササッとかけるというイメージなのに対して、iPadは書いた後に線が後からついてくるイメージなので追従性がよくはない。

これは、リフレッシュレート(簡単に言うと、ぬるぬると気持ちよく書ける数値)がiPad Proが120Hzに対してiPadは半分の60Hzしかないので、素早く書いた時に後から線が追ってくるような違和感が出で来てしまう。この差は実際にタッチアンドトライを行わないと伝わらないところが多いので、ぜひ最寄りのショップで体感しておくべきです。

最後に今回のiPadの発表では教育というテーマで販売されたものですが、iPad Proほどの性能は必要ない、値段が安く大きい画面でネットサーフィンや手書き機能を使いたいというユーザーには非常にお勧めできる商品です。Apple Pencilは別売りですが、全ての機能がこの1台で・・・と考えたら便利で買ってよかったと思える商品には違いないでしょう。

ドコモで予約・購入する:docomoオンラインショップ

auで予約・購入する:auオンラインショップ

ソフトバンクで予約・購入する:softbankオンラインショップ

あわせて読みたい
Apple Pencil
「Apple Pencil」は必要?仕事・勉強・遊びに便利すぎる。 2018年3月、iPad(第6世代)が発売されたときに注目されたのが「Apple Pencil(10,800円 )」です。 ...