iLaboo
「分かる・使える・得する」
iPad

パソコンよりも高性能と言われる「iPad Pro」は何が変わった?

iPad Pro

2018年11月7日、Appleの「iPad Pro」が発売されました。

今回の特徴は、大きくて綺麗なディスプレイ、高性能チップ、Face ID対応、Apple Pencil(第2世代)対応です。パソコンよりも高性能で、より快適な操作性を武器に注目されています。

しかし、高性能なiPad Proは価格も高めです。廉価版iPadと違ってProシリーズは、高額で一般人には手が出しづらい製品です。それでもパソコンと比較すれば、iPad Proも購入対象になります。ぜひチェックしておきましょう。

新型iPad Proは何が違う?

iPad Pro
(新)11インチiPad Pro (新)12.9インチiPad Pro (旧)10.5インチiPad Pro
サイズ 247.6×178.5×5.9mm 280.6×214.9×5.9mm 250.6×174.1×6.1mm
ディスプレイ 11インチ 12.9インチ 10.5インチ
重量 468g 633g 477g
チップ A12X A12X A10X

新型iPad Proは、11インチと12.9インチの2つのサイズ、カラーはシルバー、スペースグレイの2色です。

本体容量は、64GB、256GB、512GB、1TBとなっています。ちなみに、512GB、1TBは一般人向けではありません。クリエイティブなお仕事をしている方がメインターゲットでしょう。

性能も価格も最高の新型iPad Proでは、ホームボタンが廃止され、Touch IDからFace IDに変更されました。しかも、縦向きでも横向きでも認証可能です。また、Touch IDが廃止されたことで、オールスクリーンになり、本体サイズは変わらず、ディスプレイだけが大きくなりました。

角は丸みがあり、厚さ5.9mmでさらに薄くなりました。ディスプレイはRetinaディスプレイからLiquid Retinaディスプレイに変更。こちらはiPhone XRと同じですが、とても綺麗な映像を楽しめます。

Face IDのため、画面を一瞬見るだけすぐにロック解除が可能です。認証までの時間が短縮されることはストレス減にもなりますね。

高性能チップ

A8との比較:新iPad Pro

  • CPU:3倍高速
  • グラフィックス:8倍高速

A8との比較:旧iPad Pro

  • CPU:2.5倍高速
  • グラフィックス:4.3倍高速

Appleで一番優れているチップ「A12X Bionicチップ」が採用されており、高負荷で複雑な処理でも可能です。

パソコン並み、むしろパソコン以上に高性能なiPad Pro。バッテリーは最大10時間持続可能。8コアのCPU2倍高速になったグラフィックス性能と、7コアのGPU。ゲームアプリもより快適に楽しめます。ちなみに「iPadに特化したPhotoshop CC」も提供されます。

ほとんどのノートパソコンよりも速く、毎日使う様々なアプリケーションを同時に動かせるほどパワフルにしました。

「ほとんどパソコンよりも~」とありますが、私のパソコンよりも性能は確実に良いはずですね。お金に余裕があれば欲しいです。

Type-Cに対応

充電端子がLightningからType-Cに変更されました。

最近のAndroid製品も「Type-C」です。Type-Cになることで、互換性が高くなり、カメラ、楽器、外付けディスプレイなど、さまざま機器と接続できるようになります。

パソコンのように使える

専用のカバー「Smart Keyboard Folio」があれば、パソコンのようにタイピングができ、iPad Proの前面と背面を守ってくれます。

新しいApple Pencil(第2世代)に対応

Apple Pencil

Apple Pencil(第2世代)も新しくなり、新型iPad Proの右側に磁力で取りつけられ、ペンの取り出しの必要もなく、紛失の心配もなくなりました。また、iPad Proに取りつけるだけで自動でペアリング、しかも、ワイヤレス充電に対応しています。わざわざ、充電端子に差し込む必要もありません。

【公式】:ドコモオンラインショップ

【公式】:auオンラインショップ

【公式】:softbankオンラインショップ

あわせて読みたい
9.7インチiPad(第6世代)
一般人には「9.7インチiPad(第6世代)」があればProは必要ない。 2018年3月27日Appleから「9.7インチiPad(第6世代)」が発売されました。 大きさや画面サイズなど基本的なと...