iLaboo
「分かる・使える・得する」
iPhone

iPhone Xの後継機。iPhone Xs/Xs Maxは何が進化したのか?

iPhone XS/XS MAX

先日、発表された新作iPhoneですが、昨年発売されたiPhone Xの後継機にあたるiPhone XsとiPhone Xs Max。そして、廉価版のiPhone XRの3機種です。

発売は2018年9月21日ですが、自分に合った機種はどれがいいのか?また、性能の違いどんなところなのか?疑問に思っている読者も多いことでしょう。

今回は、iPhone Xs、iPhone Xs Maxについて解説していきます。

iPhone XsとiPhone Xs Max

iPhone XS/XS MAX
iPhone XR iPhone Xs iPhone Xs Max
サイズ 150.9×75.7×8.3mm 143.6×70.9×7.7mm 157.5×77.4×7.7mm
ディスプレイ 6.1インチ 5.8インチ 6.5インチ
重量 194g 177g 208g
チップ A12 A12 A12

iPhone Xの後継機にあたるiPhone XsとiPhone Xs Maxです。この2つの違いはサイズだけです。大画面が好みであればXs Max、持ち運び重視ならXsというような判断で大丈夫です。

iPhone Xs/Xs Maxともに、本体容量は64GB、256GB、512GBの3種類です。また、カラーはスペースグレイ、シルバー、ゴールドとなっています。

前面、背面ともに最も強靭なガラスを採用、より傷に強くなりました。そして、iPhone X同様にワイヤレス充電も可能です。フレームはカラーに合わせた医療用と同じグレードのステンレススチール製。

また、耐水性能(IP68等級)は強化され、最大水深2メートルで最大30分間の耐水で、さらに水だけでなく、ジュースやコーヒーがこぼれても耐えられる仕様になっています。

Super Retinaディスプレイ

iPhone XS/XS MAX

iPhone Xsは5.8インチ、のiPhone Xs Maxは6.5インチのディスプレイが搭載されています。とくに、iPhone Xs MaxはこれまでのiPhoneの中で最も大きなサイズとなります。

ちなみに、iPhone Xs Max(6.5インチ)とiPhone 8Plus(5.5インチ)のサイズはほとんど変わりませんが、ディスプレイだけがサイズアップしています。

Dolby Visionに対応しており、明るいところはさらに明るく、暗いところはより濃く。そして、よりワイドに広がるステレオ再生でダイナミックで臨場感あふれるものになっています。映画を見る方には特にオススメですね。

A12 Bionic

iPhone XS/XS MAX

A11チップと比べて大きく進化したひとつです。2つの性能コアが高負荷のタスクを処理し、4つの効率コアが日常的なタスクを処理します。また、高い処理性能でユーザーのパターンを認識、予測することで、素早く高度な処理を実行してくれます。

A11 Bionicと比較した場合

  • 2つの性能コア最大15%高速
  • 4つの効率コア最大50%少ない消費電力
  • グラフィック性能最大50%高速

処理性能が大幅に向上、さらに消費電力も少ないため電池持ちが良くなっています。iPhone Xと比べて、Xsは最大30分長く、Xs Maxは最大1.5時間長いバッテリー駆動時間です。

また、Face IDの進化し、認識がより高速で精度もアップ。画面ロックの解除やアプリケーションのログイン、Apple Payでの支払いがより素早く簡単になります。

あわせて読みたい
Apple pay
お財布は持たない。簡単で安全な支払い方法「Apple Pay」が便利。 日本では、ガラケーやAndroidスマートフォンに埋め込まれているFeliCaチップ(ICチップ)を使ったサービス「おサイフケー...

デュアル12MPカメラ

iPhone XS/XS MAX

iPhone Xs/Xs Maxは、12MP広角カメラと12MP望遠カメラのデュアルカメラです。

スマートHDRで、写真の明部と暗部をよりハッキリさせ、また画像を拡大しても細部まで綺麗に表現してくれます。また、暗い場所での撮影、逆光など、条件の悪い場所での撮影も明るく、美しい写真を撮ることができます。

最近、流行りのポートレート(背景のぼかし)も進化しています。2つのカメラで、深度情報を取り込み、被写体にピントを合わせ、背景をぼかすことで、被写体をより際立たせることができます。さらに、撮影後でも被写界深度を調整、エフェクト(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ))で加工することも可能です。

7MPのTrueDepthカメラも、スマートHDRに対応、ポートレートモードに対応。手ぶれ補正機能でブレの少ないビデオ撮影ができ、アニ文字「ミー文字」を作成可能です。

ちなみに、iPhoneを使うようになってから、デジカメを持ち歩くことがなくなったという方も多いですよね。また、素人でもプロ並みに綺麗な撮影ができるのがiPhoneの強みです。

デュアルSIM

iPhone Xs/Xs Maxでは、1台のiPhoneに2つのSIMカードが装着できます。これにより電話番号も2つになり、仕事用と個人用に分けたり、大手キャリアと格安SIMを使い分けることも可能です。

ですが、現時点では、nano-SIMとeSIMを使ったデュアルSIMは、利用不可となっており、今後検討されてくることとなります。

iPhone Xs/Xs MaxとiPhone XR

iPhone XR

今回、高額でハイスペックなiPhone Xs/Xs Maxと廉価版のiPhone XRはどちらいいのか?

これはみなさんも悩むところです。結果的に売れるのはiPhone XRでしょう。最近の傾向としては、スペックよりも価格を優先する方が多く、性能が良くても高額で手が出せないというのもあるようです。

もし、金額に問題がなければ、iPhone Xs/Xs Maxをオススメしますが、この2機種の違いはサイズだけですので、自分にあったiPhoneをじっくり選びましょう。

ドコモで予約・購入する:docomoオンラインショップ

auで予約・購入する:auオンラインショップ

ソフトバンクで予約・購入する:softbankオンラインショップ

あわせて読みたい
iPhone
iPhone 8を使っていた筆者がiPhone Xsに買い替えて1週間使ってみたら? 2018年9月21日、最新iPhoneが発売になりましたね。 今回のiPhone Xs/Xs Maxに関しては、予約も少な...
あわせて読みたい
iPhone XR
iPhone XRが売れる理由を解説!価格とスペックはどう影響する? 先日、発表されたiPhone Xの廉価版「iPhone XR」の解説です。 予約開始は10月19日、発売は10月26日です...