iLaboo
「分かる・使える・得する」
iPhone

iPhone XRが売れる理由を解説!価格とスペックはどう影響する?

iPhone XR

先日、発表されたiPhone Xの廉価版「iPhone XR」の解説です。

予約開始は10月19日、発売は10月26日ですが、iPhone Xとの比較や、Xs/Xs Maxと比較が気になるところ。基本性能はXs/Xs Maxのほうが優れていますが、実際売れるのはiPhone XRでしょう。

そのあたりの理由などについても解説していきます。

iPhone XRの売れる!

iPhone XR

iPhone Xの廉価版にあたるiPhone XRは、スペックはiPhone Xs/Xs Maxには劣りますが、カラーバリエーションが豊富です。しかも、本体価格はXs/Xs Maxに比べて、かなり安く抑えられています。

本体容量は64GB、128GB、256GBの3種類です。また、カラーはブラック、ホワイト、ブルー、コーラル、イエロー、(PRODUCT)REDとなっています。

強靭なフロントガラスでiPhone Xより丈夫で擦り傷に強い素材となっています。また、アルミニウム製フレームで本体の色に合わせています。昔のiPhone 5cを思わせます。また、耐水性能(IP67等級)はiPhone Xと同様、最大水深1メートルで最大30分間の耐水性です。しかも、コーヒー、紅茶、ジュースなどがこぼれても大丈夫です。

ちなみに、背面がガラス素材のためワイヤレス充電も可能ですが、3D Touchは非対応になりました。

6.1インチLiquid Retinaディスプレイ

iPhone XR

iPhone XRは6.1インチLiquid Retinaディスプレイで、iPhone X(5.8インチ)よりもサイズもディスプレイも大きくなっています。しかし、有機ELは採用されず液晶ディスプレイでコストを下げています。

しかし、液晶ディスプレイだからと言っても、綺麗な色彩で表現も豊かです。iPhone 8でも十分満足できるものでしたので、大画面で綺麗なのは嬉しいですね。

iPhone 8 iPhone X iPhone XR
サイズ 138.4×67.3×7.3mm 143.6×70.9×7.7mm 150.9×75.7×8.3mm
ディスプレイ 4.7インチ 5.8インチ 6.1インチ
重量 148g 174g 194g
チップ A11 A11 A12

A12 Bionic

iPhone

A11チップと比べて大きく進化したひとつです。2つの性能コアが高負荷のタスクを処理し、4つの効率コアが日常的なタスクを処理します。また、高い処理性能でユーザーのパターンを認識、予測することで、素早く高度な処理を実行してくれます。

A11 Bionicと比較した場合

  • 2つの性能コア最大15%高速
  • 4つの効率コア最大50%少ない消費電力
  • グラフィック性能最大50%高速

処理性能が大幅に向上、さらに消費電力も少ないため電池持ちが良くなっており、iPhone 8 Plusより最大1.5時間長いバッテリー駆動時間が可能です。

また、Face IDの進化し、認識がより高速で精度もアップ。画面ロックの解除やアプリケーションのログイン、Apple Payでの支払いがより素早く簡単になります。

あわせて読みたい
Apple pay
お財布は持たない。簡単で安全な支払い方法「Apple Pay」が便利。 日本では、ガラケーやAndroidスマートフォンに埋め込まれているFeliCaチップ(ICチップ)を使ったサービス「おサイフケー...

12MPカメラと7MPのTrueDepthカメラ

iPhone XR

iPhone XやiPhone Xsは、デュアルカメラに対して、iPhone XRはひとつです。ここが価格を抑えるためにスペックダウンした点です。

しかし、Xs同様、スマートHDRに対応しており、写真の明部と暗部をよりハッキリさせ、また画像を拡大しても細部まで綺麗に表現してくれます。また、暗い場所での撮影、逆光など、条件の悪い場所での撮影も明るく、美しい写真を撮ることができます。

1つのカメラでも、流行りのポートレート(背景のぼかし)対応しています。深度情報を取り込み、被写体にピントを合わせ、背景をぼかすことで、被写体をより際立たせることができます。さらに、撮影後でも被写界深度を調整、ポートレートライティングが可能です。

7MPのTrueDepthカメラはXsと同じです。スマートHDRに対応、ポートレートモードに対応。手ぶれ補正機能でブレの少ないビデオ撮影ができ、アニ文字「ミー文字」を作成可能です。

ちなみに、私はiPhone 8を使っていますが、十分綺麗に撮影できます。誰が撮っても満足できる写真になることでしょう。

デュアルSIM

iPhone XRは、1台のiPhoneに2つのSIMカードが装着できます。これにより電話番号も2つになり、仕事用と個人用に分けたり、大手キャリアと格安SIMを使い分けることも可能です。

ですが、現時点では、nano-SIMとeSIMを使ったデュアルSIMは、利用不可となっており、今後検討されてくることとなります。

iPhone Xsと比べてどうなのか?

iPhone XS/XS MAX

iPhone XRは、iPhone Xs/Xs Maxと比べて性能は劣ります。しかし、それでも売れるのはXRでしょう。

それは、やはり本体価格の差。iPhone Xs/Xs Maxは10万円を超える価格設定となっているため、大手キャリアでは分割購入できないユーザーも多くでてくることが予想されます。

しかし、iPhone XRは大手キャリアでも10万円以下になり、比較的購入しやすい端末と言えます。スペックの差はあっても、購入できる価格設定かどうかが重要です。iPhone 8とiPhone Xのような状況になるでしょう。

ドコモで予約・購入する:docomoオンラインショップ

auで予約・購入する:auオンラインショップ

ソフトバンクで予約・購入する:softbankオンラインショップ

あわせて読みたい
iPhone
iPhone 8を使っていた筆者がiPhone Xsに買い替えて1週間使ってみたら? 2018年9月21日、最新iPhoneが発売になりましたね。 今回のiPhone Xs/Xs Maxに関しては、予約も少な...
あわせて読みたい
iPhone XR
「iPhone XR」ソフトバンクも10万円越え!Xsを諦めた人が分割購入する方法。 先日、ソフトバンクのiPhone XRの端末代金が発表されましたが、何と64GBでも10万円を超えてしまうようです。 すで...