iLaboo
「分かる・使える・得する」
機種情報

話題のトリプルカメラ「HUAWEI P20 Pro HW-01K」ドコモから発売。

HUAWEI P20 Pro HW-01K

2018年6月15日、ドコモから発売されたHUAWEI製の「HUAWEI P20 Pro HW-01K」ですが、やはり当初の予想通り売れ行きも良いようです。

中国のHUAWEI?と聞くと、なかなかピンとこない方も多いようですが、今回の「HUAWEI P20 Pro HW-01K」は、2018年夏モデルの中でもトップクラスの製品となっています。注目されているポイントはLeicaのトリプルカメラ。そして、約6.1インチの有機ELディスプレイ、新世代SoC、Kirin 970となっています。

カメラ重視の方なら、まさにオススメのスマートフォンです。

スペック

HUAWEI P20 Pro HW-01K
画面サイズ 約6.1インチ
サイズ 約155×74×7.9mm
重量 約180g
メインカメラ 約4000万画素/約2000万画素/約800万画素
サブカメラ 約2400万画素
バッテリー容量 3900mAh
RAM 6GB
ROM 128GB
CPU HUAWEI Kirin 970

カラーは、Midnight Blue、Blackの2色。

指紋認証や顔認証に対応しており、反応は素早く、簡単に画面ロックの解除ができます。話題のカメラ機能は、誰が撮ってもプロ並みに綺麗と言われるほど、素晴らしい仕上がりです。この点はぜひ店頭で体感してみてください。

世界初Leicaのトリプルカメラ

HUAWEI P20 Pro HW-01K

今回、話題になっているLeicaトリプルカメラ。

カラーは約4000万画素、モノクロは約2000万画素、望遠は約800万画素で最大10倍ズームが可能、この3種類のカメラ機能が搭載されています。また、AIが19の被写体やシーンを認識して、最適な状態を自動で設定。しかも、AI手振れ補正でブレも少なく綺麗に撮影可能です。

インカメラも2400万画素でポートレートライティング対応、他社スマホのメインカメラ並みに綺麗な自撮り撮影が可能です。

ちなみに画面ロックの状態でも、音量ボタンの下部を2回クリックするだけで約0.3秒で撮影可能。わざわざカメラを起動し、撮影までの煩わしさがありません。瞬間的な場面でもしっかり写真に残すことができます。

個人的に、店頭にあるスマホで写真を撮ってみた感想としては、「綺麗に撮影したい!」と、特に意識しなくても、綺麗に撮影できます。まさに、誰が撮っても素晴らしい写真が撮れるのではないでしょうか。

大画面有機ELディスプレイ

HUAWEI P20 Pro HW-01K

最近のスマートフォンは、本体サイズは変わらず、ディスプレイを大きくする設計が増えています。

HUAWEI P20 Pro HW-01Kでも、インカメラの部分だけを切り欠きのあるノッチディスプレイとなっており、見た目は全面ほぼディスプレイのような感じです。やはり、大画面だと撮った写真や動画だけでなく、ネット検索やYouTubeなども見やすく、迫力があって好評です。

AIプロセッサ

HUAWEI P20 Pro HW-01K

SoCはHUAWEI独自のKirin 970が搭載。ROM128GB、RAM6GBで基本的にはストレスフリーです。

マルチタスクでの処理はサクサク、ゲームアプリでも特に不満なし。スペック的には、Galaxy S9やiPhone Xや8と比較されますが、購入者のレビューでも上とも下とも言われています。

個人的な感想を言えば、そこまで他社との差を感じることがなく、体感的にもストレスはなかったです。ただし、SDカードは内蔵できない仕様のため、その点はマイナス。SDカードのデータ移行には、Type-C microSDカードリーダーライターが必要です(同梱)。

まとめ

HUAWEI P20 Pro HW-01K

2018年ドコモの夏モデルでは、圧倒的に話題をさらったHUAWEI P20 Pro HW-01Kです。

日本仕様にもなっており、おサイフケータイ対応、防水/防塵にも対応しています。しかし、ワンセグ/フルセグは非対応。また、イヤホンも充電端子に接続する仕様となっており、専用の変換アダプタが同梱されています。

操作性も良く、何よりカメラ機能は素晴らしいです。カメラを特に重視するなら迷わず買いでしょう。

【公式】:ドコモオンラインショップ