iLaboo
「分かる・使える・得する」
サービス

ドコモの「オプションパック」は必要なのか?コレさえ知っておけば解約しても問題ない!

オプションパック

ドコモユーザーの読者さんから質問メールをいただきましたので、みなさんにもケータイ料金を節約してもらうためにシェアしていきます。

「ドコモの料金明細を見ていたら、オプションパックというものがあります。これってどんなサービスなのでしょうか?解約したら、何か問題でもあるのでしょうか?」という内容です。

最近では、携帯料金の節約志向が高まり、少しでも維持費を抑えたいという方が増えています。そのためには不要なオプションはすぐに解約。定期的に料金プランを見直し、できるだけ無駄をなくしましょう。

オプションパックとは?

オプションパック

オプションパック(月額400円)

  • メロディコール:月額100円
  • 留守番電話:300円
  • キャッチホン:200円
  • 転送でんわ:無料

ドコモのオプションパックとは、「メロディコール」、「留守番電話」、「キャッチホン」、「転送でんわ」の4つのネットワークサービスがまとめて月額400円で利用できるサービスです。

ドコモ:オプションパック割引

メロディーコールは、相手から電話が掛かってきたときに呼出音がプルルではなく、自分で設定した好きな音楽を聞かせることができます。ただし、メロディコール(月額100円)のほかに、別途音源の使用料が別途かかります。

留守番電話は、携帯電話の電源が切れているとき、または圏外時に電話をかけてきた方の伝言メッセージを預かるサービスです。ちなみに、スマートフォンの場合、音声の伝言を文字に変換が可能です。伝言をメールのように確認・返信することができ、メールやスケジュール帳にも転記できます。

キャッチホンは、通話中にかかってきた別の電話を信号音(通話中着信音)で知らせてくれます。また、話し中の通話を保留にしたまま、後から掛かってきた電話にも受けられます。

転送電話は、掛かってきた電話をあらかじめ登録した他の携帯電話や固定電話、海外の電話に転送できるサービスです。携帯電話の電源が切れているとき、または圏外時でも転送されるので、仕事で携帯を利用している方には便利ですね。

単体契約と複数契約

オプションパックは、4つのサービスを「まとめて」契約することで割引になるサービスですので、単体契約や3つ以下の契約でも割引になりません。

例えば、仕事をしている方は留守番電話(月額300円)とキャッチホン(月額200円)を契約していることが多いですが、2つの契約だけなら月額500円です。もし、4つのサービスをまとめて契約して「オプションパック」として契約すれば月額400円になりますので、100円割引になります。

しかし、本当にこれらのサービスは必要でしょうか?

利用していないサービスがある

オプションパック

店頭で料金相談を受けていると、意外と使っていないサービスが多いです。

「留守電使ってますか?」、「音源使用料まで支払って、相手に聞かせるだけのメロディーコールは必要ですか?」、「キャッチホンが必要なくらい緊急な電話が多いですか?」・・・など、ひとつずつ確認していくと、何となくで契約している方が多く、実際には全く使っていないということもあります。

「月額400円だからいいかっ」と、思っていても年間にすれば4,800円です。何となくで年間4,800円も支払うのは勿体ないですね。

ちなみに、留守電やキャッチホンを契約していなくても、通話履歴は確認できます。もし、圏外や話し中、電源が入っていないときに着信があった場合、SMS(ショートメール)で着信があった番号が表示されます。

着信履歴が分かればいいというだけなら、留守電もキャッチホンも必要ないですね。もちろん、メロディーコールも不要です。

ぜひ、一度料金の見直しで無駄を省きましょう。

あわせて読みたい
ドコモの料金
【2018年版】ドコモの現役ショップ店員が料金を確実に安くする方法を徹底的に解説! 「ドコモの料金は高くてややこしい!」という、イメージをお持ちの方は多いのではないでしょうか? 大手キャリアのスマートフォン...