iLaboo
「分かる・使える・得する」
サービス

ドコモの「d払い」ならQRコードを提示するだけで買い物ができる!

d払い

現在、町のお店でスマホでの支払いができるお店が増えてきました。それに伴いスマホひとつで決済する方法や種類も増えてきてました。

そもそも「スマホ決済」とは、スマホを介して行う決済方法で、電子マネー(Suica、nanaco、楽天Edy、ID)モバイルウォレット(Apple Pay、Google pay)QRコード決済(LINE pay、楽天ペイ、d払い)などの種類があります。今回はドコモ店員が私がドコモの「d払い」の良いところ、悪いところを解説していきます。

ちなみに、ドコモの「d払い」はドコモユーザー以外でも利用できるので、知っていて損はありませんよ?

「d払い」の使用方法

d払い

「d払い」とは、ネットショッピングやコンビニなどを始め、街のお店での支払いを月々のケータイ料金と合算して支払えるサービスです。

使い方も簡単です。スマホに「d払い」のアプリをインストールします。あとはdアカウントを登録し設定完了です。

d払い対応のお店で、アプリを起動し、会計時に「支払いはd払いで!」と、お店に伝えます。あとは、スマホの画面に表示されるQRコード(バーコード)を提示して、決済完了です。

決済した料金は、ドコモの月々の支払いと合算になります。ドコモユーザでなくても利用可能ですが、クレジットカードの登録が必要になりますので、結果的にはクレジットカードで支払っているのと同じですね。

買い物もキャッシュレス!

最大のメリットとしては支払いの金銭授受がないため、お釣りをもらったりする手間が省けます。

コンビニに行く際もスマホだけ持っていけるので便利です。また、クレジットカードと違い審査がなく上限も決められる(上限額は1万円/3万円/5万円と人によって異なります)ので使いすぎも防げます。

※d払いの支払い方法にクレジットカードを選択していた場合、クレジットカードのご利用限度額に準じます。

アプリを介した支払いになるので、OSや機種に関係なく利用ができます。機種変更や故障の時に通常は引き継ぎの設定が必要なおサイフケータイも「d払い」であれば引き継ぎの設定は不要です。

また、ポイントが200円につき1ポイントたまるのでdポイントを貯めたい方はおススメです。

使える場所が少ない!

今のところ、使えるお店が極端に少ないのがデメリットです。

ローソン、高島屋、タワーレコード、アーバンリサーチなどありますが、まだまだ多いとは言えません。また、手軽さもおサイフケータイやApple Payなどと違い、決済のたびにアプリを起動し提示しなければならないため、他の決済方法に比べるとスムーズとは言えません。

もともと、おサイフケータイなどの設定をされている方にとっては、新たにインストールして使うほどでもないと感じます。

まとめ

まだ、おサイフケータイを設定してない方が、手軽にスマホ決済を始めることができるのがd払いであり、すでに利用してる人からするとあまりメリットを感じないサービスです。

しかし、クレジットカードを利用したくない方、設定が面倒だと感じてる方にとっては非常に簡単にスマホ決済が利用できると言えます。まだ使ったことのない方は、d払いから始めてみてはいかがでしょうか。

ドコモ:d払い/ドコモ払い

あわせて読みたい
Apple pay
お財布は持たない。簡単で安全な支払い方法「Apple Pay」が便利。 日本では、ガラケーやAndroidスマートフォンに埋め込まれているFeliCaチップ(ICチップ)を使ったサービス「おサイフケー...