iLaboo
「分かる・使える・得する」
サービス

Amazon Echoにも対応。ドコモの「dヒッツ」は月額500円で音楽聴き放題!

dヒッツ

普段、音楽はどんな方法で聴かれてますか?最近では、スマホが普及してきたこともあり、ケータイで音楽を楽しんでいる方も多いですね。

AWAやLINE MUSIC、Apple Musicなど、有料の音楽配信サービスも定着しつつありますが、正直どれがオススメなのか迷ってしまいます。ドコモの「dヒッツ」は月額500円でドコモ以外でも利用でき、オリコン2017アーティストトータルセールスTOP100配信アーティスト数No1です。

とくに日本人アーティストが好きなら、使い勝手良し!コスパ良し!のドコモの「dヒッツ」を紹介していきます。

月額500円の音楽配信サービスはコスパ良し!

dヒッツ

ドコモのdヒッツは、月額500円です。有料の音楽配信サービスでは月額1,000円程度が多い中、費用も安く内容も充実しているため、ドコモ以外のユーザーからも人気で継続率も高いです。

プログラム数は6,000以上あり、しかも「オリコン2017アーティストトータルセールスTOP100配信アーティスト数No1」で、邦楽好きには満足度も高いサービスです。しかも、歌詞も見ることもできますので、カラオケの練習にも人気です。

個人的には、洋楽は少ないのが残念です。洋楽好きなら「Apple Music」がオススメですね。

プログラムで人気の楽曲をまとめて聴き放題!

dヒッツ

dヒッツは、“聴きたい音楽のみの再生”ではなく“プログラムごとの再生”となります。しかし、プログラムの中にある、好きな楽曲を選んで1曲ずつ聴く(保存する)こともできます。

ここでのプログラムとは、さまざまな楽曲を集めたアルバムのようになっているものです。例えば、安室奈美恵のHeroを検索した場合は、『安室奈美恵』というプログラムの中にHeroが入っており再生ボタンを押すと、プログラム全体の再生となります。

プログラムの再生だといい曲に出会えたり、普段聴かないけど好みの曲を発見する楽しみもあります。ちなみに、『疲れた時に聴きたい』や『ハッピーなラブソング』など歌手問わずプログラミングされているので、気分によって選べるようになっているところも魅力の1つです。

参考までに、2019年2月20日のランキングをご紹介していきます。アーティストや楽曲は定期的に更新されますので、飽きることなく楽しむことができます。

back number

「高嶺の花子さん」「クリスマスソング」「ヒロイン」など。

あいみょん

ニューアルバム『瞬間的シックスセンス』収録曲をはじめ、「君はロックを聴かない」「愛を伝えたいだとか」など。

TWICE

新曲「What is Love? -Japanese ver.-」をはじめ、「TT – Japanese Ver.-」「Candy Pop」「BDZ」など。

その他、ONE OK ROCK、SEKAI NO OWARI、ナオト・インティライミなど、最新のJ-POPや、40代向けの中森明菜、松田聖子、村下 孝蔵 などのプログラムがランクインしています。

検索機能が使いやすい!

dヒッツ

あの曲なんだっけ?ドラマの主題歌の名前が出てこない・・・そんな時でもdヒッツはの検索機能は役立ちます。

ドラマの名前で検索をかける事によって主題歌、曲によっては挿入歌等を検索することができます。もちろん、ジャンルや年代別でも検索可能です。音楽を楽しむのは、若い人だけではありません。おじさんもおばさんも、おじいちゃんもおばあちゃんも楽しむことができます。

また、スマホが使いこなせなくても大丈夫です。「dヒッツ」はスピーカーで楽しむことも可能です。

myヒッツに保存しておけばオフライン再生ができる!

dヒッツ

dヒッツは、ストリーミング再生です。

ストリーミング再生のデメリットは、電波が安定しない移動中や、圏外では聞く事ができません。また、インターネットに接続しながら再生するため、データ通信量がかかります。これだと、毎月パケット(ギガ)を気にしながら利用するため不便ですね。

しかし、「dヒッツ」にはそんな問題にも対応しています。

dヒッツには「myヒッツ」というお気に入りの楽曲を保存しておく機能があります。myヒッツは、毎月10曲ずつ追加され、保存した楽曲は一度再生すると次回以降はオフライン再生が可能です。

ただし、端末内にキャッシュが残っている場合に限ります。

1人の契約で最大5台で利用できる!

dヒッツ

dヒッツは、ドコモのサービスですが「dアカウント」さえあれば、家族のスマートフォンやタブレット、またパソコンや他社ユーザーの方でも利用することができます。

また、スマートスピーカーにも対応しており、ドコモの「シンプルマイク」や「Amazon Echo」にも対応しています。ただし、最大5台までの接続ですが、複数の端末で同時に再生はできません。

また、dヒッツは31日間の無料期間がありますので、邦楽好きならぜひ一度試してみましょう。

公式:dヒッツ/初回31日間無料

あわせて読みたい
シンプルマイク01
【2019年3月31日まで】期間限定割引で一括0円!ドコモ 「シンプルマイク01」レビュー スマートスピーカー、AIスピーカーと言った商品を多くの企業が開発し商品化しております。 今回はドコモが2018年4月5日に...