iLaboo
「分かる・使える・得する」
サービス

ネット使い放題は勘違い?ドコモの「モバイルWi-Fiルーター」が失敗だった話。

モバイルWi-Fiルーター(ポケットWi-Fi

スマホやタブレットで動画を見たり、音楽を聴いたり、ネット検索やSNSを利用していると、契約している料金プラン(パケットパック)によっては、速度制限がかかってしまいネットが使えない状態になったり、段階制の料金プランを契約していれば請求金額が高額になってしまったり・・・。

誰でも一度は経験することですね。

そこで、少しでも料金が安く、速度制限を回避するために、大容量の料金プランに変更したり、自宅に光回線を設置したり、ポケットWi-FiやモバイルWi-Fiルーターを契約したりといろいろな方法が試されています。

ドコモでも、「Wi-Fiでネット使い放題にしたいから、モバイルWi-Fiルーターを契約したい!」「家でも外でもパケットを気にせず使うために、ポケットWi-Fiが欲しい!」そんな相談を受けます。

しかし、ドコモのモバイルWi-Fiルーター(ポケットWi-Fi)を契約するのは間違いです。維持費も高く、さらに使い放題ではありません。なぜ、ドコモでモバイルWi-Fiルーター(ポケットWi-Fi)を契約するのが間違いなのか解説していきます。

月額1,900円で「モバイルWi-Fiルーター」は使えない?

モバイルWi-Fiルーター(ポケットWi-Fi)

ドコモのモバイルWi-Fiルーター(ポケットWi-Fi)は、月額1,900円~使えます。この話しに嘘はありません。

ちなみに、私が求めていたのは「Wi-Fiでネットが使い放題になる」「外出先でも無制限でWi-Fiが使える」「維持費をなるべく安くWi-Fiが使いたい」こんなところです。

しかし、ドコモの「モバイルWi-Fiルーター(ポケットWi-Fi)」は、ネットが使い放題になるわけではありません。また、月額料金も高いです。

月額1,900円の内訳

  • データプラン:1,200円
  • ISP(シンプル):200円
  • シェアオプション:500円

上記の月額1,900円は、あくまで子回線の料金プランですので、必ず代表回線が必要です。

もし、単体で使用する場合は、「シェアオプション(500円)」ではなく、「ベーシックパック」もしくは「ウルトラパック」の契約が必要になりますので、維持費は月額4,300円~9,400円になります。

ドコモの一人用パケットパック

  • ベーシックパック(0~20GB):2,900円~7,000円
  • ウルトラLパック(20GB):6,000円
  • ウルトラLLパック(30GB):8,000円

仮に、ドコモのモバイルWi-Fiルーターでデータ通信量が30GB使えるようにするためには、毎月9,400円もかかります。

ドコモのモバイルWi-Fiルーターで(30GB)使うための料金

  • データプラン:1,200円
  • ISP(シンプル):200円
  • シェアオプション:8,000円
  • 合計:9,400円

こんなに支払っても使い放題にはなりません。

代表回線と子回線って何?

月額1,900円は子回線の話しです。そのため、代表回線がないと「モバイルWi-Fiルーター」は使えません。

では、代表回線とは何か解説します。

代表回線の内訳(スマホ/ケータイ)

  • 基本料金(シンプル):980円
  • ベーシックパック:2,900円~7,000円
  • SPモード:300円

ベーシックパック以外にも、ウルトラパック、また複数台でパケットが分け合えるベーシックシェアパックやウルトラシェアパックが用意されています。

ドコモの「モバイルWi-Fiルーター」は、タブレットやiPadと同じようにケータイとセットで契約することが一般的です。

使用できるデータ通信量(パケット)は、代表回線が契約しているデータ通信量を子回線と共有することになります(2台目プラス/シェアパック)。

仮に、子回線が1,900円で契約できたとしても、代表回線と子回線でデータ通信量を共有するので、子回線の「モバイルWi-Fiルーター」を頻繁に使用すれば、すぐに上限に達してしまい、速度制限がかかります。

データ通信量を共有すると実質料金も値上げになる

「モバイルWi-Fiルーター」は、あくまで代表回線の契約しているデータ通信量を共有しているだけなので、代表回線(スマホ)が2GBなら、モバイルWi-Fiルーターも2GBまで。

例えば、スマホで月間データ通信量が1GB使用していれば、モバイルWi-Fiルーターも残りの1GBしか使えません。代表回線が20GBの料金プランであれば、スマホとモバイルWi-Fiルーター合わせて20GBまでになります。

代表回線の内訳(スマホ/ケータイ)

  • 基本料金(シンプル):980円
  • ウルトラパック(30GB):8,000円
  • SPモード:300円
  • 合計:9,280円

子回線の内訳(モバイルWi-Fiルーター)

  • データプラン(ルーター):1,200円
  • mopera(シンプル):200円
  • シェアオプション:500円
  • 合計:1,900円

もし、2台で30GBのプランにした場合、維持費は11,180円となります。

ネットを使い放題にするために、ドコモでモバイルWi-Fiルーターを契約したとしても、結果的に代表回線(スマホ)の料金プランを上げることになります。これでは何の意味もありません。

共有するだけならテザリングと同じ!

ドコモのモバイルWi-Fiルーターは、あくまで代表回線(スマホ)と子回線(ルーター)でパケットを共有するだけです。

モバイルWi-Fiルーターがあっても、ネットが使い放題になるわけではありません。しかも、毎月1,900円を支払うくらいなら、わざわざルーターを契約しないで、スマホの「テザリング(インターネット共有)」を使いましょう。

「テザリング(インターネット共有)」とは

テザリングとは、スマホやiPhone をWi-Fiルーター(親機)代わりにして、子機(パソコンやゲーム機器、スマホなど)をインターネットに接続する機能です。

「テザリング(インターネット共有)」なら、モバイルWi-Fiルーターと同じことができて、月額1,900円も必要ありません。

料金が安くて使い放題なら「WiMAX」がいい!

モバイルWi-Fiルーター(ポケットWi-Fi)

ドコモで「モバイルWi-Fiルーター」を契約する意味がないと分かった以上、次にどこで契約するのがオススメなのか?

現在、ドコモで提供されているサービスでネットが使い放題になるのは「ドコモ光」しかありません。しかし、ドコモ光の場合、自宅に回線工事が必要です。しかも、自宅だけでしか使用できませんので、外出先では結局パケット通信が必要になります。

今回は、家でも外でもネット使い放題を求めていたので、確かに光回線も魅力的ですが今回は対象外です。

そうなると、やはり「モバイルWi-Fiルーター」か「ポケットWi-Fi」がベストなりますが、多くの会社で同様の製品が提供されているため、今度は「どこの会社が安くてお得なのか?」と調べなければなりません。

複数の会社で見積もりを出してもらったところ、電波も安定していて速度も速い「WiMAX」が良いらしい。

しかし、WiMAXを提供している会社も複数あり、キャッシュバックがあったり、初期費用や端末代金が0円だったり・・・と。

キャッシュバックより月額料金を気にすること!

モバイルWi-Fiルーター(ポケットWi-Fi)

私が使っているモバイルWi-Fiルーターは、「Broad WiMAX」です。料金プランは「ギガ放題プラン(無制限)」です。

月額料金は業界トップクラスの安さ、しかもデータ通信量は無制限で使い放題です。3日間で10GB以上利用すると速度制限がかかりますが、3日間で10GBは動画を見まくってもなかなか到達できる量ではありません。

「Broad WiMAX」なら、月額3,000円~4,000円程度でネットが使い放題で利用できるので、スマホの料金プランを上げるくらいなら、使い放題のWiMAXのほうがお得です。

「Broad WiMAX」は、他社で提供されているWiMAXと違って、キャッシュバックはありません。しかし、初期費用や端末代金は0円。しかも、他社と比べて月額料金が安いです。

「Broad WiMAX」で注意すること!

ただし、注意事項はいくつかあります。

契約期間は3年です。そのため、3年ごとの更新月以外での解約は解約金が発生します。また、契約している期間によって、解約金の金額が変わっていきます。

契約解除料(3年自動更新)

  • 0ヶ月目~12ヶ月目:19,000円
  • 13ヶ月目~24ヶ月目:14,000円
  • 25ヶ月目~36ヶ月目以降:9,500円

初期費用18,857円割引キャンペーンの適用を受けた場合、24ヶ月以内にWiMAX回線を解約する場合、キャンペーン違約金として別途9,500円がかかります。

ちなみに、家でも外でも、さらに引っ越し先でも利用できるので、3年以内に解約する人は少ないようです。

公式:Broadwimax

自宅なら家族全員が使える!

モバイルWi-Fiルーターは、1人だけで使うだけなく、複数の端末で同時に使用できます。

最新機種なら最大16台まで同時接続できるので、自宅で利用するなら、お父さん、お母さんのスマホ、さらにゲーム機やパソコンまで・・・Wi-Fi対応端末なら何でもネット接続できるので、わざわざ自宅に光回線を導入しなくても済みますね。

電波状況が悪いなら契約解除ができる!

端末到着後8日以内であれば、初期契約解除が可能です。

例えば、WiMAXを契約をしたものの、自宅では電波の入りが悪く、正常にサービスを利用できないといった場合、端末を返品して回線を解除できます。

初期契約解除の受付

  • Broadサポートセンター:050-5212-7322

受付時間は、月~土(11:00~18:00)です。もし、契約したけど、電波状況が悪ければ初期契約解除が可能ですので安心して試すことができますね。

参考:初期契約解除制度について

契約解除料金負担のお乗換えキャンペーン

下記のサービスから乗り換えるなら、初期費用、契約解除料金も最大19,000円分負担してくれます。(ただし、端末の分割残金は対象外です)他社の解約費用もなく、「Broad WiMAX」の初期費用も0円なら気軽にお試しできます。

  • 他社のWiMAX
  • Softbank Air
  • Ymobile Pocket WiFi

手続きは簡単・工事不要・即日発送!

モバイルWi-Fiルーター(ポケットWi-Fi モバイルWi-Fiルーター(ポケットWi-Fi

「Broad WiMAX」は即日発送で、工事不要、到着後すぐに利用することができます。しかも、初期費用(18,857円)はオプション加入で0円にできます。しかも、そのオプションも無料期間中に解約もできます。

また、契約時には本人確認書類(免許証など)とクレジットカードが必要です。口座引き落としはできませんので注意してください。

月額3,000円~4,000円で家でも外出先でもネットが使い放題、さらに最大10台以上の同時接続も可能で家族も一緒に使えます。申込方法も簡単ですので、データ通信量を気にせず、快適にスマホやタブレットを使いたい人はぜひ試してみましょう。

公式:Broadwimax

あわせて読みたい
どこを選ぶ?家でも外でもWiMAXがあればネット使い放題!同じモノなら料金の安さをチェック! WiMAXは、モバイルルーターの中でも特に人気です。 WiMAX(ワイマックス)とは通信規格のひとつで、料金が安く、データ...