iLaboo
「分かる・使える・得する」
UQ mobile

【まとめ】auからUQへ乗り換える前にやること・確認すること。

UQ mobile

CMでも話題の「UQ mobile」。auのサブブランドとして格安SIM(スマホ)業界でも知名度は高いです。

また、auの通信設備を利用しているため、auユーザーからの乗り換えも増えており、使用感はほとんど変わらないのに料金だけ安くなるということで、現役のauスタッフもUQに切り替えるケースも増えています。

今日は、大手キャリアから「UQ mobile」に乗り換える際の注意点をまとめていきます。これさえ読めば、もう心配いりませんね。

auを解約するときのお金の話し

UQ mobile

auからUQ mobileに乗りかえるときに注意する費用の解説です。

まず、注意するべき点は、契約解除料や端末分割残金についてです。こちらは、端末購入時期や契約期間によっては、請求金額が高額になる可能性もあるため、UQに乗りかえる前に必ず確認しておきましょう。

最低1ヶ月分の基本料がかかる!

auから乗りかえる際に、月初に解約するのがいいか、月末に解約するのがいいかと悩むことがあります。

ちなみに、auではいつ解約しても基本料金は1ヵ月分発生します。そうなると、月末に解約するのがオススメとなりますが、UQでの契約がスムーズにいかないと月を超えてしまうことがあり、結局2ヶ月分を支払うことになります。

余裕を持って手続きすることをオススメします。

2年契約(2年縛り)

多くの方が契約している2年契約(2年縛り)/1年契約(1年縛り)は、更新期間以外に解約すると、契約解除料 9,500円/3,000円が発生します。更新月とは、2年契約または1年契約が満了後の2ヶ月間しかないので、自分の更新月がいつなのかを確認する必要があります。

au購入サポート

au購入サポートとは、新規やMNPで対象機種を購入した場合、機種代金から割引になるサポートです。

ちなみに、このau購入サポートには、端末の最低利用期間が決まっており、12ヶ月以内に対象外の料金プランへの変更・解約・一時休止・端末購入を伴う機種変更を行った場合、機種に応じて「au購入サポート解除料」がかかります。

端末分割金

現在、auで利用している端末を分割購入している場合、残り分割金が発生します。分割金は一括精算でも分割継続でも手続き可能です。

解除料や分割金が発生したとしても、UQでのキャンペーンや月々の維持費を計算し、トータルで相殺できる金額であれば、乗りかえても負担にはなりません。

例えば、解除料が9,500円でもauでの維持費が毎月1万円以上なら、UQでの維持費の数か月分で元が取れるなど。

au Walletクレジットカードの継続検討!

au Walletクレジットカードは、auを解約すると年会費が1,250円、家族カードは400円が必要になります。また、auを解約してしまえば、クレジットカードを利用してもauのポイントが貯まらないので、不要であればカードも解約が必要です。

あわせて読みたい
au WALLET
auユーザー必携!「au WALLET カード」とは? 「ポイントカードはお持ちですか?」日常生活で耳にすることも多いこのフレーズ。 スーパーやガソリンスタンド、ドラッグストアな...

auポイントチャージ分を消費すること!

解約前に残ったauのポイントは店頭で充電器や付属品などの購入にも使えますが、チャージタイプのオレンジ色の「au WALLET プリペイドカード」があればチャージしておくとカードの有効期限内に使用すればいいので安心です。

MNP予約番号の取得する

MNP予約番号とは、他社からUQ mobileへ乗りかえる際に電話番号をそのまま引き継ぐ場合に必要な番号となります。もし、新規で新しい電話番号を持つ場合は不要です。

MNP予約番号の取得は、現在使用しているキャリアでの手続きが必要になりますが、電話やネットの場合、わざわざ店舗に行かなくてもいいので便利です。

このMNP予約番号には15日間有効期限があり、期間内は手続き制限があるため修理やプラン変更は取得前にする必要があります。また、発行手数料3,240円が必要です。

MNP予約番号の取得方法

  • 店舗に来店して取得する
  • 電話で取得する
  • お客様サポート(ネット)で取得する

端末利用時に確認すること

他社への乗りかえの際に、お金だけでなく、端末やサービスについての注意点もあります。事前に確認しておかないと、利用していたサービスが使えなくなってしまうことがあります。

ぜひ確認しておきましょう。

メールアドレスが変わる!

auアドレス利用中の方は、使用不可となるので登録している方に連絡が必要になります。また、普段から利用している登録サイトなどの連絡先なども変更が必要になります。

スマートフォンは事前準備!

現在、スマホやiPhoneを利用している場合、電話帳や写真、動画などのデータをバックアップしておく必要があります。

SDカードで電話帳や画像をバックアップする。Googleアカウントお持ちならGoogleフォトで画像をバックアップする。iPhoneならiCloudやiTunesを使う。・・・など。大切なデータはきちんと保存しておきましょう。

また、ゲームやブログなど利用中の方も、ログインIDやパスワードなどメモなどしておくと今後も便利だと思います。また、ネット銀行やネット通販を利用している方もIDやパスワードを忘れがちですので注意してください。

あわせて読みたい
iOS microSD リーダー/ライター
iPhone ⇔ SDカードでデータ移行できる「iOS microSD リーダー/ライター」を使ってみた。 iPhone/iPadは、Androidと違ってmicroSDカードが装着できません。そのため、連絡先や写真、動画のデータ移行や...

まずは15日間お試しでUQの使用感を実感!

UQ mobile

格安スマホに切り替える場合、いちばん心配なのは「問題なく使えるか?」ですね。

まずは「Try UQ mobile」で無料で15日間使ってみましょう。これなら、ネットの通信速度や電波など・・・自分で確認できるので安心して契約ができるのでオススメです!

ネット契約の場合やTry利用者にはキャッシュバックがあったりします!店頭で買うよりお得な場合もあるので契約前にキャンペーンの確認しておくと良いです!

auからUQへ乗り換えるまでの流れ

  1. 「auを解約するときのお金の話し」:解除料や分割金を確認すること。
  2. 「端末利用時に確認すること」:メールアドレスの使用不可、サービスの継続、データのバックアップを確認すること。
  3. 「MNP予約番号の取得する」:同じ電話番号を使用するために必要です。
  4. 「UQ」で契約する:契約後、auは自動解約となります。

UQ契約前に理解しておくこと!

災害時のブザー(エリアメール)などは一部の機種で対応していません。そのため自分で災害時用のアプリを取得する必要があります。

UQでは、LINE登録時の年齢認証できず、そのためLINEでの電話番号検索やID検索などはできません。しかし、乗りかえる前にauで年齢認証をしておき、そのLINEのアカウントを引き継ぐことで、UQでも検索等は可能です。

故障時の対応は、auとは違って修理は代用機貸出しが有料(1,000円/1,500円)で、貸出機種も数に限りがあり、貸出しできない場合があるようです。(私は貸出しできませんでした)

私が利用した感じはネットの速度や電波は問題なくauの時と変わらないように感じます。月々の料金も安いし、故障などなければ乗り換えても全く問題ありません。使用感が変わらず、料金だけが下がるなら利用するべきですよね。

参考:格安スマホならUQモバイル

あわせて読みたい
UQ mobile
格安SIMで人気の「UQ mobile」ってどう?販売スタッフに聞いてみた。 UQ mobileとは、2015年12月にできたau回線を使用するMVMOです。格安SIMと格安スマホを取り扱っているキャリアの...
あわせて読みたい
UQ mobile
【まとめ】知っておけば安心!UQ mobileのケータイが壊れた時の対応方法 毎月の利用料が格安な携帯会社にスマホの契約を乗り換える方が増えています。何と言っても毎月の利用料金が安くなるのは嬉しいです。 ...