iLaboo
「分かる・使える・得する」
ニュース

スマホやタブレットの保証はキャリアだけじゃない。話題の「モバイル保険」を解説してみる。

モバイル保険

「スマートフォンは落とすとすぐに壊れる。」「壊れた時、掛かる修理費が高額。」そんな時のために、キャリアの保証サービスに加入している方がほとんどです。

しかし、今回はキャリアの保証とは違う、巷で話題の「モバイル保険」について解説していきます。「モバイル保険」とは、2016年5月13日に「さくら少額短期保険株式会社」よりリリースされた、Wi-Fi接続ができるモバイル端末用に3台まで同時加入ができる保険です。

月額700円(税込)で利用ができ、「かかった修理代金は年間10万円までなら何度でも負担します」という保険になっています。もちろん、Wi-Fi接続ができるモバイル端末なら加入ができるので、携帯電話だけではなく、PS4やNintendo Switch、3DSなどなどゲームやパソコン、最近のビデオカメラなど幅広い機器も保険の対象として入れるようです。

モバイル保険って?

モバイル保険

1.3回線まで加入可能で1年間10万円に達するまで何度でも保証

モバイル保険の仕組みとして主回線(1台)+副回線(2台まで)となっており、主回線副回線合わせて10万に達するまでとなっています。

例えば、主回線にiPhone、副回線にパソコンとiPadを選択して、そのパソコンが壊れてしまった。掛かった修理代金は30,000円もしたよという場合には保険金は残り70,000円。その後に副回線のiPadかパソコンが壊れた際には修理代金を負担することは出来ず、主回線のiPhoneにしか保険金は使えなくなります。

仮に10万円全て使い切ったら、そこで契約が終わるようで、一度契約した端末は再度加入が不可のようです。

2.加入可能端末

加入可能となっている端末は以下の通りです。

  • Wi-Fi接続ができるモバイル端末
  • 購入してから1年以内の端末
  • 破損や水没しているなど壊れていない端末
  • 譲り受けた端末やオークションで購入された端末以外
  • 過去にモバイル保険に加入した経歴がある端末以外
  • 日本国内で販売されて技適マークがあるもの

購入してから1年以内というのは新品の物を買った時は勿論のこと、ゲオとかの中古ショップで買ったものも壊れてなければ加入可能だそうです。

例えば、もう販売を終了している初代DSとかを買ったとしても、買ってから一年以内というのを証明できれば加入可能です。ただし、ゲオのように中古品に3ヶ月以上の保証があるものでなければなりません(買ってから不具合があって交換可能とか)。だからこそ、オークションで買った端末や譲渡された端末はダメみたいですね。

破損していたらダメなのは、生命保険みたいに病気に掛かっていたら入れないのと同じです。ですが、生命保険と違うのは故障している端末を直してから入るのはOK。直してから入って、修理代金を返してもらうというのができます。例えば、ソフトバンクのあんしん保証パック(i)に入っている方でApple Storeで修理代金を支払ってから、ソフトバンクに行って修理代金に掛かったお金を通信料から値引きをかけるという事をします。

その際に、直してからモバイル保険に加入して修理の証明書を送ると、ソフトバンク契約中のiPhoneの通信料の値引きも入るし、修理に掛かった代金はお金として返って来ます。マイナスにならないでプラスになるという都合のいい話ですが普通にできます。あとは多少の擦り傷程度なら加入できます。

3.保証可能範囲

保証可能な範囲はメーカー側が修理可能の場合のみとなります。Apple製品ですと、自分で分解して直せなくなったとか車に潰されて一部パーツが無くなったとかですと修理不可なのでお金はでません。

どこかに置き忘れてしまったとか紛失は対象外です。盗まれたという場合は信憑性書類(盗難届など)を提出すれば保険金が降ります。修理不可の場合は主回線の場合は端末の購入金額もしくは25,000円のどちらか低い方、副回線の場合は端末の購入金額もしくは7,500円のいずれか低い方になっています。

加入するデメリットはあるのか?

モバイル保険

デメリットは、先に修理代金を支払わないとダメというところ。Apple製品はキャッシュレスという先に修理代金を支払うことも対応していますが、それ以外の端末の場合は先にお金を払わないといけません。

次に、1年以内に買ったという証明ができなければ保険に入れても保険金はおりないという事です。10ヶ月前に買ったPS4を保険に申請しても、いつ買ったかという証明ができなければ保険金は出ません。あとは、バッテリーなどの消耗品は対象外、火災以外の災害の場合は保証されないというところでしょうか。

どんなメリットがあるのか?

モバイル保険

メリットは、SIMフリー端末も買ってから一年以内なら加入可能です。MVNOと呼ばれる格安スマホの会社の中には自社購入した端末以外の保証はない会社も多いです。そもそも、保証自体ない会社も中にはあります。そんな端末でも加入可能となっています。

また、auとソフトバンクのiPhoneはdocomoと違ってApple Storeでの修理となります。Apple Storeでの修理を受けてからモバイル保険の加入をすると、修理代金+キャリアの特典も受けられます。キャリア保証に入ってない場合も、Apple正規店以外の修理店に修理を出しても保険金がおりるのも強みです。

もう一つは、3回線までという事。家族全員で携帯電話の保証に入ると結構な金額になります。

iPhone Xの場合は大体一台あたり1,000円。そもそもiPhone壊した事ないしという場合もあるし、そもそもという場合はひとつにまとめてしまうこともできますし、1,000円支払うならと700円のモバイル保険に入ってゲームなどの他の端末を入れてしまうことも可能です。

携帯電話問わず、大体の保証は購入時点のみとなっています。モバイル保険は1年という期間がありますので後で加入することができるのもメリットとなっています。

入るべきなの?

モバイル保険

保険は考え方の問題です。

携帯はキャリアによっては安いというのも強みですが、Apple製品以外は先払いです。Androidスマホでのリニューアルという外装工事の場合は20,000円掛かりますので、お子様に持たせてよく壊してしまうという方はキャリアの補償をお勧めします。壊さないけどもしもの時は不安という方は寧ろモバイル保険の方がいいかと思います。両方入ってキャリアの特典を受けるというのも手です。

しかし、最近はauやソフトバンクの48回払いでも25ヶ月目以降なら下取り出して機種変更可能ですよというオプションがあります。それはメーカー保証外にならないようにという条件がありますので、街の修理屋さんに頼むとメーカー保証外になります。なので、ソフトバンクなら2,000円(あんしん保証パック加入時)か20,000円(あんしん保証パック非加入時)を支払わないといけません。auも同じく故障紛失サポート加入、非加入だとソフトバンクと同じ金額を支払わないといけません。

まとめ

モバイル保険

保険なので身構える方も中にはいるかと思いますが、あまりデメリットのない保険となります。加入するかは人それぞれです。

キャリア保証を利用した意外な抜け道もありますので、それを利用するというのもありますが、今後は変わるかもしれません。ただ、ソフトバンクの現在のあんしん保証パックはTポイントを修理代金分貰えます。壊して、直して、また壊して、直してでもTポイントが貰えるのはモバイル保険側も良しとしています。

Yahoo! ショッピングとかであの商品欲しいけど・・・という時は利用しても問題ありません。その場合は両方加入する必要がありますが、両方加入する価値もあります。もちろん、ここに記したメリットデメリットもあります。メーカーの保証か、キャリアの保証か、モバイル保険か、はたまた両方か。是非検討してみて下さい。

登録は5分もかからないですぐに終わります。

さくら少額短期保険株式会社:モバイル保険