iLaboo
「分かる・使える・得する」
機種情報

「iPhone XR」ソフトバンクも10万円越え!Xsを諦めた人が分割購入する方法。

iPhone XR

先日、ソフトバンクのiPhone XRの端末代金が発表されましたが、何と64GBでも10万円を超えてしまうようです。

すでに、iPhone Xs/Xs Maxで分割審査が通らなかった人の中には、「仕方がないから10万円は超えない(であろう)iPhone XRで再審査しよう」という予定の人も結構いました。しかし、最低容量のiPhone XR(64GB)でさえ、本体価格は106,560円です。これにはショックを受けているソフトバンクユーザーも多いことでしょう。

今回は、10万円越えのiPhone Xs/Xs Maxが分割購入できなかった方が分割購入するための方法を教えます。

審査落ちでiPhone Xsを諦めた人も買えない

iPhone XR

iPhone XR発売に先駆けて、すでにiPhone Xs/Xs Maxが販売されていますが、ここ数年iPhoneの審査落ちが話題になっています。

iPhone Xsだけでなく、Xs Maxも本体代金が10万円を超えるので、分割の審査が厳しくなります。具体的には購入者の年収や借入状況の申告も必要ですし、クレジットカードの審査のように過去のローン関連の支払い履歴に問題がないかまで照合されての審査となります。

そのため、iPhone Xsで審査落ちした方には、iPhone XRの10万円越えは結構ショッキングなニュースだと思います。

ちなみに半額サポートを利用しても、契約する割賦金額は半額になるわけではなりません。(10万円→5万円)

端末代金の全額を4年分割にして、2年後に下取りで残債を免除する契約なので、結果的に10万円越えは変わりません。

10万円越えの分割審査に通らない時の対処法

現在、10万円を超えるiPhoneの分割審査に通らない人は、iPhoneは持てないのでしょうか?

一括購入する、家族名義で購入する・・・などの条件を除き、10万円を超える分割審査に落ちてしまう人がiPhone XRを購入する方法を考えました。

あわせて読みたい
分割購入
ショップで「今回は分割購入できません!」って断られた時に試すこと。 大手キャリアから発売されているスマートフォンやタブレットは、どれも数万円と高価なモノです。 経済的に余裕があれば、数万円で...

クレジットカード払いで分割購入する

iPhone XR

分割購入するだけなら、わざわざキャリアで分割購入しなくても、クレジットカードを持っていれば、クレジットカードの支払回数の変更することで分割にする方法があります。

キャリアの分割購入の場合、携帯料金の未納や収入、借入状況などによって、分割審査になりますが、クレジットカードの分割払いはキャリアの分割審査は関係ありません。

しかし、ショップによっては、クレジットカードでの分割払いができない場合もあり、事前に確認が必要です。また、カード会社によっては、店頭ではクレジットカードで一括購入しておき、あとで支払回数を変更する方法もあります。

分割審査が通らない方でもクレジットカードを持っているなら、クレジットカードの分割払いが可能です。ただし、分割払いには金利手数料が別途かかります。

ドコモに乗り換えて購入する

実はソフトバンク、au、ドコモでiPhoneの値段は同じではありません。元々、ドコモのほうが高いという印象が強かったのですが、今回はドコモなら10万円を切ります。

「ソフトバンクが駄目ならドコモへ乗り換えればいい」

つまり、MNPですね。しかし、MNPには解約金(更新月)やキャリアメールが使えないなどの問題もありますので、それらがクリアできていることが条件となります。

SIMフリーを購入する

Apple Storeなどで、SIMフリーのiPhoneを購入してしまう方法もあります。こちらも本体価格がソフトバンクより安く、10万円を切ります。

ソフトバンクの半額サポートが不要なら、ドコモでもApple Storeでも問題にはならないでしょう。ドコモで購入するのと違うのは、端末を購入するときの割引(月々サポート)が付かない点です。

ちなみにApple Storeであれば、金利も0%で12回分割は組めるので、こちらで試すのもありかもしれません。

端末代金の一部を支払う

最後の方法は、現在採用されていませんので、あくまで要望ということになりますが、端末代金の一部を支払ってしまう方法です。

端末代金の全額を分割で支払うのではなく、頭金として端末代金の一部を支払って差し引いた残りを分割購入する方法です。

例えば、ソフトバンクのiPhone XR(64GB)の端末代金は10,6560円です。端末代金の一部7,200円を店頭で支払い、残り99,360円で分割を組めば、審査は通りやすくなります。iPhone XR(128GB)なら端末代金は112,800円なので、端末代金の一部13,200円支払えば残り99,600円になり、やはり審査は通りやすくなります。

端末代金の一部を支払う方法については公式にはありませんが、ソフトバンク側にとってもそれ程デメリットは無い話だと思います。そもそも、通常他のローン関連で端末代金の一部を入れてはいけないという話はあまり聞かないです。

オンラインショップ以外の店頭購入では、端末代金に「頭金」として、5,000円~10,000円ほど上乗せしている店舗もあります。そのため、店頭購入よりもオンラインショップほうが安く購入できる場合があります。

下取りで端末代金から割引

また、下取り端末があれば、通信料金から割引ではなく、端末代金から直接割引してもらい、10万円未満で分割購入する方法もあります。

ちなみに、ドコモやauでは基本料金(通信料金)から割引ではなく、端末代金から直接の割引が可能です。

「iPhone 8や低価格のAndroidスマホを買えばいい。」と、言われればそれまでですが、ちょっとした工夫で審査落ちを防げるのであれば、ソフトバンク側で歩み寄ってもいいのではないかと思います。

ソフトバンクで予約・購入する:softbankオンラインショップ

あわせて読みたい
iPhone XR
ソフトバンクの「iPhone XR」が売れない?この理由を知ればもう悩む必要はない。 iPhone Xs、iPhone Xs Maxに遅れてiPhone XRが発売されましたが、これから機種を決めようとしている人の...