iLaboo
「分かる・使える・得する」
機種情報

失敗しない選び方!ソフトバンクのAQUOS zeroはAQUOS R2と何が違うのか?

AQUOS zero

2018年12月14日、ソフトバンクからAQUOS zeroがついに予約開始になりました。発売は12月21日となっています。

新機種と言えばiPhoneが騒がれていますし、国産スマホと言えばSONYのXperiaが人気というイメージが強いかもしれません。しかし、SHARPのスマホって実はSONYよりも売れているんです。

そんな、SHARPの最新スマホAQUOS zeroは、ハイスペックなので高性能なスマホを求めているユーザー向けの機種となります。そして、その真価が発揮されるのが「ゲーム」、「動画視聴」です。

今回は、なぜこの2点についてAQUOS zeroが優秀なのかを解説します。

大画面なのに最軽量

AQUOS zero
AQUOS zero AQUOS R2
サイズ(高さ×幅×厚さ) 約154×73×8.8mm 約156×74×9.0mm
質量 約146g 約181g
ディスプレイ 約6.2インチ 約6.0インチ
メインカメラ 約2260万画素 約2260+1630万画素
フロントカメラ 約800万画素 約1630万画素
電池容量 3130mAh 3130mAh
連続待受時間(4G LTE) 約555時間 約585時間
ROM 128GB 64GB
RAM 6GB 4GB
CPU Snapdragon 845 Snapdragon 845
防水/防塵 〇/〇 〇/〇
ワンセグ/フルセグ -/- 〇/〇

世界最軽量モンスターと銘打ったAQUOS zeroは6.2インチ、3130mAhのバッテリーに防水防塵機能も保持して146gという軽さを備えたスマホです。カラーは、アドバンスドブラックのみです。

すでに、ハイスペックスマホとして、「AQUOS R2」も発売されていますが、シャープではR2とzeroではターゲットが違うようです。AQUOS R2は、特にカメラを重視する方。AQUOS zeroは、動画視聴やゲームアプリなど長時間使用する方にオススメです。

ちなみに、AQUOS zeroは、ワンセグ/フルセグが非対応、イヤホンジャックも廃止、SDカードも非対応です。一見、R2のほうが優位に見えますが、AQUOS zeroはROM128GB、RAM6GBとアップグレードしています。CPUは同じSnapdragon 845ですが、ハードな使い方をするならAQUOS zeroが上でしょう。

関連記事:ソフトバンクから「AQUOS R2」2018年6月8日発売。

そして、とくに強調されているのが「軽量化」です。ちょっとピンときにくいかもしれないので、Xperia XZ3やiPhone XRとサイズと重さを比較してみました。

Xperia XZ3

  • ディスプレイ:6.0インチ
  • サイズ:73×158×9.9m
  • 重さ:193g

iPhone XR

  • ディスプレイ:6.1インチ
  • サイズ:75.7×150.9×8.3m
  • 重さ:194g

AQUOS zero

  • ディスプレイ:6.2インチ
  • サイズ:73×154×8.8m
  • 重さ:146g

ディスプレイが6.2インチという大型サイズにも関わらず、AQUOS zeroがコンパクトで軽量なのが分かると思います。

ソフトバンクでは「ギガモンスター+」という新プランがありますが、スマホは長時間、ゲームや動画視聴に使う人が増えてきています。それなのにスマホは重い、これでは長時間使っていても疲れるのは当たり前ですよね。

関連記事:ソフトバンク店員が教える「ウルトラギガモンスター+」のデメリットと活用方法。

長時間使っていても疲れない理由

AQUOS zero

AQUOS zeroを長時間使っていても疲れない理由は軽さだけではありません。持ちやすさとタッチのしやすさ、放熱機能の3つがポイントです。

持ちやすさ

フレームの真ん中が凹んでいるので、そこに指が引っかかり、持ちやすく落としにくい形状をしています。

縦持ちの時はもちろん、横持ちの時も凹みに指がかかるので、ゲームや動画視聴時も快適に使えます。現在、使っているスマホがAQUOS zeroでないなら、試しに縦に横にと持ってみれば、いつも持ちにくい状態でゲームや動画視聴をしていたんだなと気づくはずです。

タッチのしやすさ

AQUOS zeroは、「有機ELディスプレイ」を採用しています。ちなみに、R2は「ハイスピードIGZO」です。

パネル全体が緩やかにカーブしていて、指の動きにマッチするようにできています。早いタップが必要なゲームでも、しっかり反応し、タッチ抜けしにくくなっています。

充電しながらゲームも安心

発熱源を2つの充電ICで管理し、充電時の発熱を抑えた設計になっています。

これによって充電をしながらゲームや動画を見ても発熱のストレスフリーでの操作が可能です。そもそも、省エネ性能が高いので、外出先での長時間の使用も安心です。電池持ちと軽さを両立しているという点も、AQUOS zeroのメリットとして大きいです。

SHARPの魅力とは

高性能なスマホというのは珍しくもありませんが、SHARPが売れている理由の1つは「ユーザーにとってのメリットが伝わりやすい点」にあると思います。

言い方は悪いですが・・・。お金を積んで良い部品を組み合わせれば、ハイスペックなスマホは他の会社でも作れるでしょう。

しかし、「顧客がスマホに何を求めているのか?」「どういう場面でストレスを感じるのか?」という点について、しっかり考えているという印象は、Apple、SONY、SHARPの3社の中ではSHARPが頭1つ出ているかなという印象があります(あくまで個人的な意見ですが)。

すでにSHARPを使っている方も、SHARP以外のスマホを使っている方も、機種変更時にはAQUOS zeroも検討してみてはいかがでしょうか?

オンラインショップで購入すると、頭金(相場5,000円~10,000円)がかからないため、お得に購入することができます。しかも、24時間受付可能で待ち時間がないのも嬉しいですね。

公式:ソフトバンクオンラインショップ