iLaboo
「分かる・使える・得する」
サービス

4年分割の半額サポートなし!ソフトバンクユーザーが「月月割あり」の2年分割で機種変更する方法。

月月割

先日、知人からある相談を受けましたが、みなさんにも知っておくべき内容でしたのでシェアしていきます。

「データ通信量は、50GBもいらないし、通話も5分以内無料で十分。ただミニモンスターみたいに気づかないうちに料金の上がるのも嫌だし、48回分割購入のレンタル契約(半額サポート)も嫌。そんな自分が、iPhone Xsに安く機種変更する方法はないのか?」

知人のインターネット環境は、家賃込みで使い放題です。また、家族内でソフトバンクユーザーは自分だけ。つまり、おうち割も家族割もつかない状態です。

そんな、知人に紹介した「単独で安く購入する方法」は月月割ありの2年分割です。「え?ソフトバンクの月月割って無くなったんじゃないの?」と思っているみなさん、実は月月割を適用させた状態で、機種変更する方法はあるんです。

既存ソフトバンクユーザーなら月月割を適用させて機種変更できる

ソフトバンクでは、「ウルトラギガモンスター+」というデータ定額50GBで動画SNS放題の新料金プランを発表しましたが、それに伴い廃止になってしまったのが「月月割」です。

そうなると、半額サポートという名の「実質レンタル契約」を利用しなければ、機種代金の割引サポートがありません。超ヘビーユーザーにとっては魅力的なウルトラギガモンスター+ですが、ネット利用の少ないライトユーザーに対してはほとんど選択肢がありません。

しかも、知人のように家族割やおうち割が付かないと、料金はかなり高めになってしまいます。

しかし、スマ放題もしくはスマ放題ライトで契約しているソフトバンクユーザーであれば、同じプランでiPhone Xsへの機種変更が可能です。

勘違いしている人がすごく多いのですが、仕方がないと思えるくらい、ソフトバンク公式サイトではその情報が見つけ辛いです。

ソフトバンク:スマ放題/スマ放題ライト

スマ放題/スマ放題ライトの新規契約での受付は2018年9月5日をもって終了しました。つまり、新規契約やMNPではスマ放題/スマ放題ライトは契約できません。また、他料金プランからの変更受付も2018年10月31日をもって終了しています。

一度、ウルトラギガモンスター+に変えてしまうと、もうスマ放題には戻れません。

スマ放題/スマ放題ライトを継続すれば月月割は適用になる

月月割

スマ放題/スマ放題ライトを契約している状態であれば、実は月月割は適用になります。

あれ?機種変更ならプラン継続できるの?
ハイ。できます!しかも、スマ放題なら月月割も適用になります。

現在、スマ放題でiPhoneを使っているユーザーが、同じプランで機種変更できます。もちろん、月月割もつきます。

こんな大事なことを、きちんと明記しない公式サイトの表記にすごい違和感を覚えますね。普通なら、ウルトラギガモンスター+とスマ放題を適用させた状態で見積もりを比較したいと、思うのではないでしょうか?

公式サイトでは、比較ができないので実際に比較してみました。(スマ放題では料金見積もりが出ません、信じられませんが本当に出せません)

ウルトラギガモンスター+とスマ放題/スマ放題ライトの見積もり比較

月月割

今回は、家族割、おうち割ナシでiPhone Xs(256GB)の機種変更時の見積もりになります。また、公式サイトには記載されている「ギガ使い放題キャンペーン+」の-1,000円も含めていません。

その理由は、ギガ使い放題キャンペーン+の割引は2019年4月分で終わりますし、短期間の割引を見積もりに含めると月額料金に誤解がうまれるからです。また、「1年おトク割」はその名の通り1年間のみ1,000円の割引なので、1,000円の割引を2年当たりで算出し、月額500円で算出しています。

ギガモンスター+の見積もり(半額サポートあり)

  • 機種代金:3,230円×48ヶ月
  • 通話プラン(準定額):1,836円
  • ウェブ使用料:324円
  • データ定額50GBプラス:6,458円
  • 1年おトク割:-540円
  • 月額料金:10,984円

上記のプランは、データ通信は実質使い放題で最新iPhoneの機種代金を含めての料金なので、需要はあるプランだと思います。ただ、全ての人が望んでいるプランだとも思いません。

次に、月月割有りのスマ放題ライトでの見積もりです。

スマ放題ライトの見積もり(半額サポートなし)

  • 機種代金:6,460円×24ヶ月
  • 月月割:-3,050円×24ヶ月
  • スマ放題ライト:1,836円
  • ウェブ使用料:324円
  • データ定額5GB:5,400円
  • 月額料金:10,970円

あまり料金が変わらない結果となりましたが、その内容は大きく変わってきます。注目するポイントは「データプラン」と「半額サポート」です。

ウルトラギガモンスター+の半額サポートとスマ放題ライト5GBの料金がほとんど変わらないのであれば、「データ使い放題」を取るか「2年後の所有権」を取るかの話になってきます。

ウルトラギガモンスター+ならば、データは使い放題です。スマ放題ライトならば2年分割で組んだ見積もりなので、2年後機種は自分のものとして残せます。

もちろん、スマ放題ライトでも半額サポートは利用できるので、4年縛りに抵抗がないなら月額料金は1,705円下がります。

そうなると、「50GBプランがいらないならスマ放題プランの方が優秀じゃないの?」という話になってきそうですが、考えてみたら当たり前なんですよね。月月割で約3,000円割引になる時点で、スマ放題ライト5GBプランでの見積もりは2年分割で実質半額なんですから。

2年後はさらに維持費が安くなる

相談してきた知人についてですが、欲しいのがiPhone Xs(256GB)という点が譲れないようなので、月額料金を安く抑えるのは難しかったです。

月月割が適用されていると言っても、2年分割で6,460円もする機種を購入するのですから、ここは納得するかもっと安い機種を選ぶしかないと思います。ただ、スマ放題ライト5GBの方のプランなら2年で分割が終わります。

スマ放題ライトの見積もり(2年経過後)

  • スマ放題ライト:1,836円
  • ウェブ使用料:324円
  • データ定額5GB:5,400円
  • 月額料金:7,560円

ちなみにウルトラギガモンスター+の場合、2年後に機種変更すれば残債は免除になりますが、機種変更しないとそのまま残債を払い続けます。

ギガモンスター+の見積もり(2年経過後)

  • 機種代金:3,230円
  • 通話プラン(準定額) :1,836円
  • ウェブ使用料:324円
  • データ定額50GBプラス:6,458円
  • 月額料金:11,524円

「半額サポートあり」ですので、2年後に機種変更することもできますが、新たな分割が発生しますし、料金を7,560円の水準まで戻すのはもう難しいと思います。

しかし、2年分割なら2年後に格安SIMへの移行も可能です。例えば、iPhone Xsを2年後にワイモバイルに番号移行すると、月額料金はこんなに下がります。

ワイモバイルの見積もり

  • スマホプランM:3,218円

ただし、1年後はワンキュッパ割がなくなるため4,298円となります。プランはMプランなので、これで2年間9GB使えますし、10分以内の国内通話は何度でも無料です。

今回のように、ソフトバンクでスマ放題/スマ放題ライトを契約中であれば、機種変更時は月月割ありのプランも比較して見た方がいいと思います。

ワイモバイルの乗り換えた時の話し:実際に試してみた!ワイモバイルに乗り換えて料金を半額にする方法。

ソフトバンクからの乗り換えの前に:ソフトバンクから乗り換えるなら「Y!mobile」がオススメなわけ。

あわせて読みたい
ミニモンスター
ソフトバンク「月額1,980円〜」のミニモンスターがお得になる条件はどこまで? ソフトバンクでは「ウルトラギガモンスター+」という動画SNS放題というプランが発表され話題になっていますが、他にも”使った分だけ...
あわせて読みたい
ウルトラギガモンスター+
ソフトバンク店員が教える「ウルトラギガモンスター+」のデメリットと活用方法。 2018年9月6日から受付開始となる「ウルトラギガモンスター+」。 「動画SNS放題」と宣伝されているこのサービス、今まで...