iLaboo
「分かる・使える・得する」
サービス

初心者でも心配なし!ソフトバンクでiPadを持つなら毎月の料金はいくら必要なのか?

iPad

ソフトバンクのiPadやタブレットは、誰が見ても料金プランは難しく見えるようで「月々いくらで使えるのか分かりづらい」という相談をよく受けます。

ソフトバンクでは、料金プランや機種にもよりますが、毎月2,000円程度からでiPadライフが楽しめるようになっています。

今回は、複雑な料金プランが苦手という人でもわかりやすく、「ソフトバンクでiPadを買ったら毎月の料金はいくらになるのか」を解説します。

ほとんどの人が選ばない通常プラン

iPad

スマホと同じでタブレットにも「データ通信量(ギガ)」に応じたプランがあります。ただし、これは月額料金が相当高くなってしまうので、ここの説明は軽く流してもらって大丈夫です。

  • タブレット基本料:1,700円
  • ウェブ使用料:300円
  • データ定額プラン20GB:6,000円
  • 月額料金:8,000円

なぜ、こんなに高くなってしまうのか、それはデータ定額プランが原因です。

データ定額ミニ 1GB 2,900円/月
データ定額ミニ 2GB 3,500円/月
データ定額 5GB 5,000円/月
ギガモンスター データ定額 20GB 6,000円/月
ウルトラギガモンスター データ定額 50GB 7,000円/月

データ定額サービス1GBだけでも月額2,900円もかかります。

5GB以上のプランに加入すれば、iPadの月額料金は機種代抜きでも7,000円以上かかります。あまりに高いので、現在これらプランで契約する人はあまりいません。

参考:[iPad]加入できる料金プランを教えてください

みんなが選ぶのはシェアプラン

それでは、ここからiPadの料金について解説していきます。覚えるポイントはたったの3つです。

  • 基本料金は2,500円
  • タブレットずーっと割なら月額1,980円
  • 機種代金と分割

この3点がわかれば、iPadをいくらで持てるのかがわかります。

基本料金は2,500円

通常のデータプランだと毎月7,000円以上かかってしまいますが、シェアプランであれば月額2,500円でiPadが使えるようになります。

まず、iPadを持った時の基本料は2,500円だと覚えてしまいましょう。

  • タブレット基本料:1,700円
  • ウェブ使用料:300円
  • 家族データシェア(子回線):500円
  • 月額:2,500円

タブレット基本料及びWeb使用料は、iPadを契約すると必ずかかる料金という理解で問題ありません。また、家族データシェア(子回線)は、親回線のスマホとデータをシェアする時の基本料のようなものです。

例えば、iPhoneを50GBプランで契約している場合、iPadと併せて50GB使えるようになる代わりに500円のシェア料金がかかります。その代わり、iPad単体で5GBだの50GBだののデータ定額の料金を払う必要はないので、月額料金が大幅に下がります。

タブレットずーっと割なら月額1,980円

タブレットずーっと割 タブレットずーっと割

ソフトバンクでiPadを持った時のベースとなる月額料金は2,500円ですが、キャンペーン適用でそこから520円の割引を適用させることもできます。

タブレットは2年分割か3年分割か選べますが、3年分割を契約すれば、ずーっと520円が割引になるので、月額1,980円でiPadが持てます(特典A)。また、月額2,500円でもいいのであれば、1,5000円のキャッシュバックを選ぶこともできます(特典B)。

2年分割の場合は2,500円ですが、3年分割の場合は1,980円となります。ただし、どちらの契約も2年契約なので、2年毎の更新月以外で解約した場合、9,500円の違約金が発生します。

ちなみに、iPadを解約した後でもWi-Fi環境があれば、本体はそのまま使えるので2年分割にして2年後解約すれば、支払いが終わって本体が残ります。

参考:タブレットずーっと割

機種代金と分割

iPadのプラン料金は2年分割なら2,500円、3年分割なら1,980円ですが、ここに機種代金が乗っかります。

ただし、iPadの場合は月月割の割引サポートがあるので、機種代金が全額負担になるわけではありません。例えば、2019年3月30日に発売された「iPad Air 10.5インチ(64GB)」の場合は以下の通りです。

2年分割の場合

  • 機種代金:3,120円×24回
  • iPad向け月月割:-2,580円×24回
  • 実質負担額:540円×24回

3年分割の場合

  • 機種代金:2,080円×36回
  • iPad向け月月割:-1,720円×36回
  • 実質負担額:360円×36回

iPad Pro 12,9インチのような大型iPadや最新のiPadProでなければ、月額当たりの負担はそれ程大きくはありません。

例えば、iPad(第6世代)32GBなら実質負担額0円で購入できますが、このiPadでも最新のiPadと出来ることはさほど変わらず、「Apple Pencil」にも対応しています。

iPad(第6世代)32GB

2年分割の場合

  • 機種代金:2,370円×24回
  • iPad向け月月割:-2,370円×24回
  • 実質負担額:0円×24回

3年分割の場合

  • 機種代金:1,580円×36回
  • iPad向け月月割:-1,580円×36回
  • 実質負担額:0円×36回

iPad Pro 12,9インチ(第3世代)256GB

2年分割の場合

  • 機種代金:6,540円×24回
  • iPad向け月月割:-2,820円×24回
  • 実質負担額:3,720円×24回

3年分割の場合

  • 機種代金:4,360円×36回
  • iPad向け月月割:-1,880円×36回
  • 実質負担額:2,480円×36回

SIMフリーのiPadを買ってもお得ではない理由

上記をまとめると、2年分割なら2,500円、3年分割なら1,980円に、機種代金の実質負担額を足した金額がiPadの月額料金となります。

ちなみに、機種代金は24回払いや36回払いだけでなく、一括で支払うこともできます。もし、機種代金を一括で支払った場合、月月割が24回になるか36回になるかの違いになります。

スマホなどではSIMフリーの端末を自分で買って、格安SIMを使用するということもできますが、iPadの場合にはそれほどお得にはなりません。ソフトバンクの料金は2,500円または1,980円と、意外と高額ですが「月月割」で大部分が相殺できてしまうからです。

一例として、iPad mini5(64GB)で比較してみます。

2年分割の支払総額

  • 料金プラン:2,700円×24回
  • 機種代金:2,730円×24回
  • iPad向け月月割:-2,520円×24回
  • 月額料金:2,910円×24回

3年分割の支払総額

  • 料金プラン:2,138円×36回
  • 機種代金:1,820円×36回
  • iPad向け月月割:-1,680円×36回
  • 月額料金:2,278円×36回

Apple Storeで販売している「iPad mini5(64GB)」の本体価格は65,664円です。

ソフトバンクのSIMが使える部分を考慮すると、2年または3年分割でソフトバンクのiPadを購入したほうがオトク感があると思います。

ただし、分割が終わった後も料金プランを支払い続けることになるので、Wi-Fi専用にするなら2年分割にして2年後に解約がお勧めです。また、解約しないで通信付きで使い続けるとしても、分割支払い後は機種変更した方がコスパがいいでしょう。

オンラインショップで購入すると、頭金(相場5,000円~10,000円)がかからないため、お得に購入することができます。しかも、24時間受付可能で待ち時間がないのも嬉しいですね。

公式:ドコモオンラインショップ

公式:auオンラインショップ

公式:ソフトバンクオンラインショップ