iLaboo
「分かる・使える・得する」
サービス

【比較】ソフトバンクの「メリハリプラン」と「auデータMaxプランPro」はどっちがお得?

メリハリプラン

ソフトバンクは、2020年3月12日から、新しい料金プランの提供を始めました。新たな料金プランは、ヘビーユーザーとライトユーザーの両タイプのユーザーを対象にした「メリハリプラン」と「ミニフィットプラン」の2つです。

その一方で、旧料金プランの「ウルトラギガモンスター+」と「ミニモンスター」の2つは受付終了となり、今後は順次、新旧の料金プランが切り替えとなるようです。

昨年は、auでも繰り返しプランの変更がありました。「メリハリプラン」と「ミニフィットプラン」の内容が気になるところです。そこで、今回は特にauの料金プラン「auデータMaxプランPro」とソフトバンクの「メリハリプラン」のどちらがお得なのかを比較、解説いたします。

auとソフトバンクで乗り換えを考えている人は、ご参考までご覧ください。

メリハリプランは変動プラン?それとも定額プラン?

メリハリプラン

新たに始まる、「メリハリプラン」は、料金変動型のプランでも、ただの定額プランでもありません。ちょっと面白いプランです。

ベースは、データ通信量の上限が50GBの高容量プランです。

「メリハリプラン」と「ウルトラギガモンスター+」のベースになる基本料金

  • 基本プラン:980円
  • データプラン:6,500円
  • 月額料金:7,480円

月額料金は、基本プラン980円とデータプラン6,500円で合計7,480円。でも、月間データ使用量が2GB未満の場合は月額料金が1,500円ダウンします。

そのため、月額料金は5,980円になります。

これは旧プランの「ウルトラギガモンスター+」にはありません。

月間データ使用量が2GB未満時の割引を除けば、「ウルトラギガモンスター+」も基本的には中身は同じです。対象の動画・SNSを利用する際の通信は、通信量に含まないという条件も同じです(動画SNS放題)。

動画・SNS放題の対象の動画

  • YouTube(対象外:ライブ配信投稿)
  • Amazon Prime Video
  • AbemaTV
  • TVer
  • GYAO!
  • kurashiru
  • Hulu
  • スタディサプリ/スタディサプリ English
  • AR SQUARE
  • VR SQUARE
  • FR SQUARE
  • バスケットLIVE

動画・SNS放題の対象のSNS

  • LINE(対象外:無料通話・ビデオ通話)
  • Twitter
  • Instagram(対象外:音楽の再生)
  • Facebook(対象外:Messenger)
  • TikTok

メリハリプランとauデータMAXプラン Proの違い

「auデータMAXプラン Pro」も「メリハリプラン」もベースになっている月額料金は同じ7,480円です。そもそも、auの「月間データ通信量の上限なし」とソフトバンクの「動画SNS放題」では、実際ユーザーの使い勝手はあまり変わりません。

auデータMAXプラン Pro

  • 通話(基本プラン):980円
  • データ(データプラン):6,500円
  • 月額料金:7,480円

しかし、ソフトバンクの「メリハリプラン」は、月間のデータ通信量が2GB以下だった場合、自動で基本料金から1,500円が割引になる逆変動型とでもいうようなプランです。

メリハリプラン(※データ通信量2GB以下の場合)

  • 基本プラン:980円
  • データプラン:6,500円
  • 割引(~2GB):-1,500円
  • 月額料金:5,980円

さらに「みんな家族割+」や「おうち割 光セット」が適用になることで最大3,000円が永年割引となります。

「みんな家族割+」とは、同じ家族割引グループ内の、回線数によって以下の金額が月額料金から割引かれます。

  • 2回線:500円
  • 3回線:1,500円
  • 4回線以上:2,000円

おうち割 光セットは、対象の固定回線(SoftBank 光・SoftBank Airなど)を、携帯契約者本人か、家族の契約で、最大1,000円が永年割引かれます。

諸々の割引を総動員すると、メリハリプランの基本料金は以下の通りです。

  • 基本プラン:980円
  • データプラン:6,500円
  • みんな家族割+(4人):-2,000円
  • おうち割 光セット:-1,000円
  • 月額料金:4,480円

しかも、月間のデータ通信量が2GB以下だった場合、上記の金額から、さらに1,500円割引で月額2,980円となります。

「auデータMaxプランPro(2年契約N適用時)」の場合

  • 基本料金(通話プラン+データプラン):7,480円
  • 家族割プラス(3人以上):-1,000円
  • スマートバリュー:-1,000円
  • 月額料金:5,440円

ソフトバンクの「メリハリプラン」と「auデータMaxプランPro」を比較してみると、auはデータ上限なしとは言え、割引を適用前は同額の7,480円にも関わらず、全ての割引を適用させると、auのほうが1,000円高くなります。

「メリハリプラン」と「auデータMAXプラン Pro」の補足ですが、音声通話について説明いたします。通話料はauもソフトバンクも、家族以外への発信通話は20円/30秒です。

通話が多い人向けには「通話オプション」というのがあり、時間制限なしのかけ放題と5分間のかけ放題から選べます。

ソフトバンクの通話オプション

  • 準定額オプション(1回5分無料):800円
  • 定額オプション(24時間無料):1,800円

メリハリプランの通話オプションには、留守番電話プラス/割込通話/グループ通話/一定額ストップサービスが付いています。

auの通話オプション

  • 通話定額ライト(1回5分無料):700円
  • 通話定額(24時間無料):1,700円

ちなみにauの通話オプションは、留守番電話プラス/割込通話/グループ通話/一定額ストップサービスはありませんが100円安くなっています。

まとめ

新auピタットプランN

みんな家族割の適用で、3人以上の家族のみんなが、高容量のデータ通信をするケースなどは、ソフトバンクの「メリハリプラン」にメリットがあるといえます。

また、月間のデータ通信が2GB以下なら、自動で1,500円割引になるのは画期的ですが、実際にそのメリットを享受できるくらいなら、上限の月間50GBも使わない可能性もあります。

仮にデータ利用量を2GBで利用したケースを考えたとして、auの比較対象プランは「新auピタットプランN(対象:1~4GB利用時)」です。

それなら、4GBまで安定した通信速度で利用でき、ソフトバンクの「メリハリプラン」と丁度同額の2,980円です。同額で2倍もゆったり使える点では、auを利用したほうが、メリットは大きいでしょう。

知って得する!

オンラインショップで購入すると、頭金(相場5,000円~15,000円)がかからないため、店頭よりも安く購入することができます。さらにドコモは事務手数料(2,000円もしくは3,000円)もかかりません。

公式:ドコモオンラインショップ

公式:auオンラインショップ

公式:ソフトバンクオンラインショップ

あわせて読みたい
au新料金プラン
【au】新料金プラン提供開始!「N」が付いただけ?割引・キャンペーンはどう変わる? auでは、携帯電話を契約の時に加入している、2年契約の「解除料(解約金)」が2019年10月以降大幅に引き下げられます。 ...