iLaboo
「分かる・使える・得する」
サービス

「ひかりTV for docomo」を契約してみた!ドコモ以外も満足できる映像系サービス。

ひかりTV for docomo

ドコモから「ひかりTV for docomo」が提供開始となり、NTTぷららが運営する「ひかりTV」からドコモの「ひかりTV for docomo」に切り替えたのでレビューです。

現在、映像系のサービスは人気で、映画、ドラマ、アニメだけでなく、海外のニュースや音楽、お笑い番組など、とても充実しています。そのため、地上波のテレビ番組はニュース以外見ることもなくなっている私ですが、「ひかりTV for docomo」に変えて、何が変わったのか説明していきます。

現在、ひかりTVだけでなく、スカパーやWOWOW、ケーブルテレビを利用している方なら検討する価値は十分あります。

「ひかりTV for docomo」とは?

ひかりTV for docomo

ドコモ光だけでなく、フレッツ光やコラボ光などの光回線を利用して、79の専門チャンネル、約13万本のビデオオンデマンドと、さらに地デジ・BSデジタル放送が楽しめる映像サービスです。

ただし、視聴するためには光回線のほかに専用チューナー「ドコモテレビターミナル(16,848円)」が必要になります。

簡単に説明すると、NTTぷらら ひかりTV(1,500円)+dTV(500円)+dTVチャンネル(780円)がセットになって、「ひかりTV for docomo(月額2,500円)」となります。

※2年割適用です。縛りなし、ドコモユーザー以外は月額3,500円となります。

月額利用料金

「ひかりTV for docomo」は月額3,500円となります。しかし、ドコモユーザーは2年割適用で2,500円となります。ドコモユーザー以外は、月額3,500円(2年割なし)となります。

NTTぷららは、テレビオススメプランの2ねん割適用であれば、50ch以上が月額2,000円(チューナーレンタル込み)で見放題のサービスです。しかし、契約から2年経った場合、+1,000円で基本料金が3,000円になります。その代わり、2年縛りの解約金10,000円もかかりません。

もし、2ねん割が適用されていない状態で、ひかりTVを継続利用しているなら、「ひかりTV for docomo」に切り替えても損はありません。

ちなみに、自宅でテレビを見る時間がない、月額2,500円も高くて無理、スマホやタブレットに作品をダウンロードしたい、映画、アニメ、ドラマ、音楽PVなど、安くて作品数が多い、DVDのレンタルショップ並みに使いたいなら、月額500円で見放題の「dTV」だけでも十分満足できるでしょう。コスパも良く圧倒的に人気ですね。

関連記事:au、ソフトバンクも利用可能!月額500円で見放題。ドコモ「dTV」が人気!

視聴方法

必要なものは、「ひかりTV for docomo」の契約以外に、自宅の光回線の他、「ドコモテレビターミナル」の3つです。

「ドコモテレビターミナル」を有線LANかWi-Fiで接続し、あとは同梱されているHDMIケーブルをテレビとターミナルに接続するだけです。あとは、テレビの画面に表示される初期設定をすれば完了です。

実際の初期設定は5分~10分程度で完了です。「ひかりTV for docomo」の契約がある携帯番号のdアカウントを登録するだけですので、面倒で難しい手間はありません。

NTTぷららのひかりTVと比較してどうなのか?

ひかりTV for docomo

視聴内容と料金

私は、もともとNTTぷららのひかりTV「テレビおすすめプラン(月額2,000円)」を契約していましたが、ドコモの「ひかりTV for docomo(月額2,500円)」に切り替えたことで、より快適になりました。

視聴番組が増える

料金は500円アップとなりましたが、専門チャンネルは50ch → 79chに増え、さらにビデオも15,000本 → 130,000本に増えました。これは、ひかりTV以外にも、dTVやdTVチャンネルがセットになったためですね。

これだけ見れて月額2,500円は安いです。スカパーやWOWOW、ケーブルテレビを契約している方もぜひ料金と視聴内容を比べてみると、「ひかりTV for docomo」の良さが分かるのではないでしょうか。

解約金について

ひかりTVでは、2ねん割適用の場合、解約金は10,000円です。3年目以降は解約金免除になりますが、月額料金が1,000円高くなります。

「ひかりTV for docomo」は、同じ2年契約でも解約金は3,500円です。これなら、少し試して解約することも可能な金額設定ですね。しかし、2年契約は自動更新のため、更新月以外の解約は解約金が発生します。

ドコモユーザー以外は、2年割が適用されないため、解約金はかかりませんが、月額3,500円となります。

チューナーの比較

「ひかりTV for docomo」には、専用チューナー「ドコモテレビターミナル」が必要になります。ひかりTVのチューナーと比べてどう変わったのか解説します。

視聴ジャンルが増える

「Android TV」に対応しており、ゲームアプリもダウンロード可能です。映像系では、ドコモのコンテンツ(dTV、dTVチャンネル、dアニメ、DAZN)以外にも「YouTube」、「Netflix」、「GYAO!」、「AbemaTV」、「Hulu」なども対応しています。

あえて、不満を言うなら「Amazonプライム・ビデオ」に対応していないことです。ぜひ期待したいです。

※有料コンテンツは別途契約が必要です。

「ドコモテレビターミナル」があれば、Googleフォト(アプリ)を使って、スマホ(iPhone)やタブレットに保存している、写真や動画をテレビに映することもできます。

音声検索に対応

「ドコモテレビターミナル」は、音声検索にも対応しています。リモコンに見たいタイトルを言えば、検索・視聴もできます。

しかも、操作性が抜群に良く、フリーズもなく、さくさく切り替えができるので、ひかりTVのチューナーやdTVターミナルと違って、イライラすることもありません。

特典内容

ひかりTV for docomo

現在、「ひかりTV for docomo」の新規特典がありますので、お得に楽しむことができます。

「ひかりTV for docomo」新規お申込み特典

対象期間中に「ひかりTV for docomo(2年割)」を新規で申込みすると、dポイント(期間・用途限定)2,500ptが貰えます。

※有効期限は進呈後翌々月末に失効となります。

ドコモテレビターミナルご購入特典

「ドコモ光」と「ひかりTV for docomo」を契約する場合

同月内に、「ドコモテレビターミナル」の購入と「ドコモ光(定期契約あり)」と「ひかりTV for docomo(2年割)」を新規で申込むと、dポイント(期間・用途限定)11,000ptが貰えます。

すでに光回線を契約している場合

同月内に、「ドコモテレビターミナル」の購入と「ひかりTV for docomo(2年割)」を新規で申込むと、dポイント(期間・用途限定)8,000ptが貰えます。

購入はこちら:docomo Online Shop

NTTぷららから切り替える場合

すでに、NTTぷららのひかりTVを契約している方が、「ひかりTV for docomo」に切り替えた場合、「2ねん割」の契約期間内であれば解約金が発生します。

契約の切り替えは、すべてドコモで取り次ぎしてくれますので、チューナー等を郵送で返却し、新たに「ひかりTV for docomo」の契約と、docomo Online Shopで「ドコモテレビターミナル」を購入します。あとは、自宅に戻って、設定するだけでその日から視聴できます。

ぜひ、お試しくださいね。

ドコモ:ひかりTV for docomo

あわせて読みたい
dTV
au、ソフトバンクも利用可能!月額500円で見放題。ドコモ「dTV」が人気! スマートフォンやiPhone、タブレットにiPadで動画を視聴している方は多いですね。しかも、YouTubeだけでなく、Netf...
あわせて読みたい
ビデオパス
au限定!月額562円で約1万本見放題「ビデオパス」は本当にお得なのか? 今やスマホで映画やドラマが見れる時代ですが、auでも動画配信サービスを提供しているのをご存知ですか? それが「ビデオパス」...