iLaboo
「分かる・使える・得する」
サービス

【完全版】知らないと損する!初期費用0円で購入できる「ドコモオンラインショップ」の活用方法!

ドコモオンラインショップ

携帯ショップは、平日でも休日でも大変混雑しています。どこの店舗でも、機種変更するのに1~2時間待ちは当たり前です。そのため、一部の店舗では完全予約制を導入してることもあり、気軽に機種変更もできないのが現状です。

また、最近では初期設定やデータ移行もスタッフが行なってくれるわけでなく、自分でやらなければなりません。

さらに付属品や有料オプション、タブレットや光回線などセット販売を勧めてくるので煩わしいと感じているお客様も多いようです。しかも、店舗で購入する場合、本体価格に頭金(5,000円~10,000円)を別途加算しており、事務手数料も2,000円もしくは3,000円が別途請求されます。

そうなると、通常よりも費用負担が多く、長時間待たされ、初期設定もしてくれず、有料オプションも強引に加入させられるくらいなら、「わざわざドコモショップで購入するメリットは何?」ということになるでしょう。

ですが、初めてオンラインを利用するとなると、不安に思うこともあるでしょう。そこで、今回はドコモの「オンラインショップ」で購入するための方法を解説をしていきます。

ドコモオンラインショップで購入するメリット!

ドコモオンラインショップ

店頭よりも安く購入できる

ドコモオンラインショップでは、ケータイやスマホ、タブレットだけでなく、充電器やフィルム、ケースなどのアクセサリーも購入できます。また、購入時には「dポイント」も使用できます。

あまり知られていませんが、わざわざ混雑している店舗に行かなくても、新規契約(MNP)や機種変更ができますし、オンラインショップで購入する最大のメリットは、店頭で購入するよりも費用が少なく済むということ。

通常、ドコモショップで購入する場合、事務手数料(2,000円もしくは3,000円)と頭金が(5,000円~10,000円)が別途かかりますが、オンラインショップはこれらの費用が一切かかりません。

ちなみに、パソコンがなくてもケータイやスマホからでも購入できます。

強引な勧誘がない

ドコモショップで購入すると、不要な有料オプションの加入やアクセサリーを購入しなくても済みます。

例えば、全く利用しないdTVやdヒッツ、dマガジンなどの有料コンテンツ。また、ドコモ光などの固定回線、タブレットなどのセット販売が代表的ですね。また、フィルムやケース、SDカードなどの購入もできますが、アクセサリー類は「Amazon」や「楽天」などネットで購入するほうが圧倒的に安いです。

24時間いつでもOK。待ち時間ナシ!

ドコモオンラインショップは、24時間いつでも手続きができ、受取方法は「自宅」もしくは「ドコモショップ」が選べます。

最近では、携帯ショップの待ち時間が長すぎるということで問題になっていますが、土日祝であれば2時間、3時間待ちも普通です。そして、商品や手続きの説明で1時間はかかりますので、1台の機種変更だけでも半日かかることもあります。

オンラインショップは、これらの時間のストレスがないのもメリットですね。

故障時はオンラインショップをおすすめしない

通常であれば、ドコモオンラインショップでの購入をおすすめしますが、端末の状態によってはドコモショップで購入したほうが良い場合もあります。

それは、端末が故障している場合です。

もし、故障で操作ができないときは、入力間違いがあります。また、機種変更よりも修理のほうが費用負担が少ないことがあるため、一度ショップで相談したほうがいいでしょう。

初期設定やデータ移行、LINEの引継ぎはどうするの?

ドコモオンラインショップの場合、料金プランや設定方法の説明がありません。

自分に合った料金プランかどうかは、自分で判断することが大切です。また、初めてのスマホであれば、初期設定や操作も不安でしょう。しかし、これらの心配しなくても大丈夫です。

必要最低限のサービスだけ加入すればいい

オンラインショップで契約するときは、最低限のサービスを付けておくだけでいいでしょう。それが「ケータイ補償サービス」です。

ケータイ補償サービスとは

端末故障、水濡れ、紛失した場合、ガラケーは5,000円、Androidスマホは5,000円もしくは7,500円、iPhoneは7,500円もしくは11,000円でリフレッシュ品に交換できるサービスです。

しかも、画面割れやケース破損、電源入らずなどの故障時でも「修理代金サポート」が適用されるため、iPhoneの場合は上限5,000円、それ以外は上限3,000円とお得に修理ができます。

さらに電源が入らない、端末操作ができない場合、「ケータイデータ復旧サービス」を利用することができますが、その費用も通常8,000円ですが、加入特典として1,000円で依頼することができます。

「ケータイ補償サービス」に加入していない場合、全額実費負担になるため、高額な修理代金が発生します。

「スマホを落としたり、壊れたこともないからケータイ補償サービスは必要ない!」と思うかもしれませんが、もしものために加入しておくことをオススメします。

スマホの初期設定やデータ移行のサポート

初めてのスマートフォンやスマホ→iPhoneへの機種変更など、初期設定やデータ移行の方法が分からないのは当然です。

「ドコモショップで購入すれば、初期設定やデータ移行、LINEの引継ぎなどは全てショップ店員に任せればいい!」と思っていませんか?

しかし、ドコモショップで購入したとしても、スマホやiPhoneの初期設定やデータ移行は自分でやらなければなりません。もちろん、LINEやゲームアプリの引継ぎなどの移行作業も自分で行ないます。

もちろん、オンラインショップでも自分でやることになりますが、そんな時のサポートも用意されています。それが、「あんしん遠隔サポート(月額400円)」です。

あんしん遠隔サポート(午前9時〜午後8時)

操作や設定のサポートだけでなく、LINEなどのアプリの使い方やパソコンなどの周辺機器との接続などもサポートします。

  • ドコモの携帯電話からの場合:(局番なし)15710
  • 一般電話などからの場合:0120-783-360

ドコモ:あんしん遠隔サポート

ちなみに、自分で操作ができない方でも、オペレーターが操作や設定することもできますので安心です。

しかも、電話帳や画像のコピーだけでなく、GoogleアカウントやApple IDの作成、LINEの設定、Wi-Fiの設定など、店頭ではできない操作も可能です。

初心者は「あんしんパック」だけでOK!

あんしんパックとは

あんしんパックは、「ケータイ補償サービス/ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」、「あんしん遠隔サポート」、「あんしんセキュリティ」をお申込みいただくと、月額料金合計から380円引きでご利用になれるサービスパックです。

上記の「ケータイ補償サービス」や「あんしん遠隔サポート」を加入するなら「あんしんパック」にしておきましょう。

これだけで、補償も設定や操作案内、ウイルス対策のすべてカバーできます。中級者であれば初期設定やデータ移行が終了したあとに、「ケータイ補償サービス」だけ残しておけばいいでしょう。

ドコモオンラインショップで購入しても「あんしんパック」に加入しておけば、初期設定もデータ移行も安心です。待ち時間なし、店頭よりも安くお得ですね!

公式:ドコモオンラインショップ

これさえあれば大丈夫!最低限の料金プランとオプションサービス

ここでは、料金プランについての解説をしていきます。ガラケーとスマートフォンでは、対象のプランが違うため、間違って契約しないようにしてください。

ちなみに、通話プランと通信プランがあり、通信プランでは個人用と家族用プランがあります。違いが分からないという方は、とりあえず最低限の料金プランに設定しておくといいでしょう。ちなみに、少しでも通話をするなら「カケホーダイライト」がいいでしょう。

ガラケーの通話プラン

現在のガラケーの通話プランは、3種類だけです。

24時間無制限で国内通話が無料になる「カケホーダイ(2,200円)」、1回5分間かけ放題で国内通話が無料になる「カケホーダイライト(1,200円)」、そして、無料通話がない「シンプル(980円)」となっています。

名前の後ろに(ケータイ)と記載があるのが、ガラケー用のプランです。

通話プランの解説(Xiケータイ)

  • カケホーダイ(ケータイ):2,200円
  • カケホーダイライト(ケータイ):1,200円
  • シンプル(ケータイ):980円

もし、料金プラン変更したい場合、上記の3種類の中から選ぶことができます。

ガラケーの通信プラン

現在のガラケーの通信プランは、2種類だけです。

毎月、使ったデータ通信量に応じて請求になる「ケータイパック(300円~4,200円)」と家族で分けあうシェアパックです。

中には、ベーシックパック(0GB~20GB)を契約している方もいますが、まずはケータイパックを契約しておけば問題ありません。そして、利用状況に応じてプラン変更すればいいでしょう。

最安料金プラン(ガラケー)

  • シンプル:980円
  • ケータイパック:300円
  • SPモード:300円
  • ケータイ補償サービス:330円もしくは380円

スマホの通話プラン

現在のスマホの通話プランは、ガラケーと同じで3種類だけです。ガラケーと違うところは料金だけで内容は同じです。

24時間無制限で国内通話が無料になる「カケホーダイ(2,700円)」、1回5分間かけ放題で国内通話が無料になる「カケホーダイライト(1,700円)」、そして、無料通話がない「シンプル(980円)」となっています。

名前の後ろに(スマホ/タブ)と記載があるのが、スマホ用のプランです。iPhoneの場合は、(iPhone)と記載されています。

通話プランの解説(Xiケータイ)

  • カケホーダイ(スマホ/タブ):2,700円
  • カケホーダイライト(スマホ/タブ):1,700円
  • シンプル(スマホ):980円

もし、料金プラン変更したい場合、上記の3種類の中から選ぶことができます。

スマホの通信プラン

現在のスマホ(iPhone)の通信プランは、4種類です。

ひとり用では、毎月使ったデータ通信量に応じて請求になる「ベーシックパック(0~20GB)」と定額制の「ウルトラパック(20/30GB)」。そして、家族で分けあう「ベーシックシェアパック(0~30GB)」と「ウルトラシェアパック(30/50/100GB)」です。

まずは、「ベーシックパック(0GB~20GB)」もしくは「ウルトラパック(20/30GB)」で契約しておけば問題ありません。そして、利用状況や家族の状況に応じてプラン変更すればいいでしょう。

最安料金プラン(スマホ&iPhone)

  • シンプル:980円
  • ベーシックパック:2,900円~
  • SPモード:300円
  • ケータイ補償サービス:500円~750円

料金プランはいつでも変更できますので、まずは分かりやすい料金設定にしておくといいでしょうね。

ドコモオンラインショップで注文してみよう!

ドコモオンラインショップ

1.申込前に準備するもの

  1. dアカウントまたは4ケタのネットワーク暗証番号
  2. クレジットカードまたは特定の金融機関口座

現在、毎月の携帯料金を「口座引き落とし」もしくは「クレジットカード払い」の方はdアカウント(ネットワーク暗証番号)だけで大丈夫です。携帯料金を請求書払いにしている方は口座やクレジットカードの登録が必要です。

新規契約は、本人確認書類とクレジットカードまたは特定の金融機関口座。他社から乗り換え(MNP)の場合は、「MNP予約番号」が必要です。

2.商品を選択する

次に商品を選択します。もし、在庫がない場合、発売前の商品などは予約しておくことも可能です。

自分に合ったケータイやスマホを選ぶ基準は、最新か型落ちか、docomo withなどの料金が安くなる機種がいいのかなど、いろいろ比較してみましょう。また、ドコモオンラインショップでデモ機などを触ってみてから、ドコモオンラインショップで購入する方も増えています。

商品が決まったら、次は商品受取方法を入力します。受取方法は「自宅」もしくは「ドコモショップ」のどちらかになりますが、日時の指定も可能です。

ガラケーからスマホ(iPhone)への機種変更の場合、ドコモショップに設置してある機械「ドコピー」でデータ移行が簡単にできますので、商品が届いたらドコモショップでデータ移行しましょう。

ちなみに、受取をドコモショップにする場合、待ち時間が発生することもありますので、自宅で受取り、ドコモショップの「ドコピー」でデータ移行を自分でするほうが時間短縮できます。

3.料金プランを選択する

続いて、料金プランを選択します。

ここでは、上記で解説しているように、自分に合ったプランを選択しましょう。「ケータイ補償サービス」は忘れず付けておきましょう。

4.商品の支払方法を選択する

商品を購入するときは、一括もしくは分割(12/24回払い)を選ぶことができます。また、dポイント・割引クーポンがあれば一緒に利用できます。

ちなみに、一括購入の場合、クレジットカード払い、代金引換(手数料300円)が可能です。機種変更の場合は「ドコモ払い」も可能です。分割購入の場合は、毎月の携帯料金に合算して支払うことができます。

もし、一括購入時に「dカード」で支払うと、決済ポイント1ポイントに加えて、特約店ポイント1ポイント(合計2ポイント)になりますのでお得です。

5.入力情報を確認し手続完了

最後に、入力した内容を確認し、登録完了となります。

商品の到着後は、キズや破損など問題がないかチェックしてください。そして、最後に開通処理を行います。

商品到着後の流れ

商品到着→ドコモUIMカードの挿入・差し替え→ご利用開始・切り替え(開通)の手続き

ドコモUIMカードの挿入・差し替え

新規(MNP)やドコモUIMカードのサイズ変更がある場合、すでに商品にUIMカードが装着されています。ただし、機種変更の場合でUIMカードのサイズ変更がない場合は自分で差し替えが必要です。

ご利用開始・切り替え(開通)の手続き

  1. 購入した機種の電源を入れる。
  2. 購入した機種から開通専用の「(局番なし)1580」へ電話する。
  3. 音声ガイダンスに従い、ネットワーク暗証番号を入力し、最後に「#」を押す。
  4. 「開通いたします。」というガイダンスが流れたら「1」を押し、最後に「#」を押す。
  5. 「ただいま開通処理を行っています~」というガイダンスが流れたら手続き完了。
  6. 開通手続きが完了後、電源再起動をして使用確認して終了です。

「ご利用開始・切り替え(開通)の手続き」で、ケータイが使えるようになったら、あとは「あんしん遠隔サポート」に連絡し、初期設定やデータ移行の方法を確認すれば、スマホ初心者でも心配ありません。

公式:ドコモオンラインショップ

ドコモオンラインショップ限定キャンペーンも開催中

ドコモオンラインショップ

オンラインショップSPECIAL特典

ドコモオンラインショップでは、多くのキャンペーンが実施されています。

2019年2月現在では、「オンラインショップSPECIAL特典」を実施しています。こちらは対象機種を購入すると機種代金から5,184円割引になります。

  • キャンペーン名:オンラインショップSPECIAL特典
  • 対象期間:2019年2月1日~2019年5月31日

対象機種は、最新のiPhoneやAndroid、Google Pixelなども割引になりますので、ハイスペックなスマホが欲しいならこの機会に購入するといいでしょう。

また、2月は毎週木曜日(2月7日、14日、21日、28日)の午前0時~午後11時59分までに、オンラインショップで購入すると、抽選で10人に1人dポイント10,000ポイントプレゼントされます。

また、ドコモでは「ウェルカムスマホ割」と「ドコモの学割2019」という2つ割引キャンペーンも実施中です。

ウェルカムスマホ割

ウェルカムスマホ割

適用条件

  • 受付期間:2018年11月1日~
  • 割引金額:最大13ヶ月1,500円割引

ガラケーからスマホに機種変更するなら最大13ヶ月1,500円割引になります。また、他社から乗り換えでも他社でガラケーを使っていた場合、同じように割引対象です。

参考:「ウェルカムスマホ割」ドコモのガラケーからスマホに買い替えでどのくらい安くなるか実例で解説。

また、「ウェルカムスマホ割」は「docomo with」と重畳契約できますので、最大3,000円割引になります。

お得にスマホデビューしたいときには、このキャンペーンをチェックしておきましょう。

ドコモの学割

ドコモの学割

適用条件

  • 受付期間:2018年12月1日~2019年5月31日
  • 割引金額:最大13ヶ月1,500円割引

25歳以下の契約者(利用者)を対象に、「当月(日割り計算)+12ヶ月間が1,500円割引」になります【特典1】。

ただし、「docomo with」、「ウェルカムスマホ割」との重畳契約はできません。しかし、【特典2】の同一シェアグループへの2,500ptのdポイント(期間・用途限定)の還元は対象になります。

参考:「ドコモの学割」だけじゃない!?docomo withとウェルカムスマホ割を最大限に活用する方法!

店舗で購入するメリットは少ない!

ドコモオンラインショップでは、店舗購入時のように「頭金(5,000円~10,000円)」や「事務手数料(2,000円もしくは3,000円)」が不要です。端末購入時の初期費用が0円で購入することが可能です。

また、以前はドコモショップで購入するメリットとして、初期設定やデータ移行、アプリの引継ぎ等もありましたが、現在は多くの店舗で実施していません。そうなると、ますます「ドコモショップ」で購入するメリットがなくなってしまいました。

ぜひ、これからは「ドコモオンラインショップ」を活用し、お得に機種変更しましょう。

オンラインショップで購入すると、頭金(相場5,000円~10,000円)、契約事務手数料等(2,000円もしくは3,000円)がかからないため、店頭よりもお得に購入することができます。

公式:ドコモオンラインショップ