iLaboo
「分かる・使える・得する」
サービス

これは安全?【ドコモからの重要なお知らせ】がSMSに届いたときにすること。

dアカウント

最近、ドコモのdアカウントを不正に乗っ取り、有料のゲームサイトに課金したり、App Store & iTunes ギフトカードを購入したり、オンラインショップでiPhoneを大量に購入したり、dカードプリペイドにチャージしたりと、不正に利用される被害が続出しております。

そして、最近では被害を防ぐため「2段階認証」を推奨するための【ドコモからの重要なお知らせ】がメール(SMS)で届くようになり、「このメールも詐欺メールなのか?」と心配しているユーザーも多いようです。

今回は「2段階認証」のお知らせが届いたときの対応方法を解説していきます。

dアカウントの不正利用とは?

dアカウント

乗っ取り方法は、SMSやキャリアメールに「お客様のdアカウントがログイン(不正利用)された可能性があるため、IDとパスワードを確認してください」と、いかにもドコモからのお知らせを装って届きます。

そして、心配になったユーザーが確認のために記載されているリンク先で、既存のIDとパスワードを入力してしまうことで、第3者にdアカウント情報が知られてしまい、そのdアカウント情報を使って不正に購入(課金)させられてしまう方法です。

dアカウントで出来ること

  • 自分の携帯以外の端末やWi-Fi接続からでも、同じIDでdポイントやdマーケットなどのサービスを利用できます。
  • オンラインショップ等を利用する際にdアカウントで買い物(課金)ができるようになります。

SMSでドコモから【ドコモからの重要なお知らせ】のメールが届いたときの対処方法

【ドコモからの重要なお知らせ】

第三者が利用者のIDやパスワードを不正に入手し、Webサービスにログインを試みる事例が発生しております。不正ログイン対策として、2段階認証のご利用とパスワードの適正な管理をお願いいたします。下記、dアカウントのサイトより、詳細ご確認ください。

[IDおよびパスワードの取り扱いに関するご注意とお願い]

https://id.smt.docomo.ne.jp/src/utility/noticepassword.html?gmtk201801

上記は私のSMSに届いたメールです。

「2段階認証」とは、ID/パスワード入力の他に、セキュリティコードの入力や、スマホ上でのログイン可否の選択を追加することで、自分以外が不正に情報にアクセスすることを防止する仕組みです。

例えば、自分のケータイ以外でdアカウントを使用しようした場合、dアカウントのログイン時に、自分のケータイに認証用の「6桁のパスワード」が発行されます。そして、dアカウントを利用するためにはその「6桁のパスワード」を入力しないとdアカウントは使用できません。

また、スマホを使っている場合、専用のアプリで認証可否を選択することができます。

セキュリティコードで認証する場合

dアカウント
[セキュリティコード] 〇〇〇〇〇〇
[有効期限] 11/24 06:27
※dアカウントでログインした方に送信しています。

ログイン時に2段階認証を設定した端末に上記ようなメールが届くので、第3者がメールに記載されているセキュリティコードを入力しないと利用できません。

アプリで認証する場合

dアカウント

ログイン時に2段階認証を設定した端末に通知が届き、あなたが画面上で「はい」を選択しないと、第3者は次の画面に進むことができずdアカウントが利用できません。

2段階認証は設定しておくこと

今後もdアカウントの不正利用は増えてくる可能性があります。また、dアカウント以外にもGoogleアカウント、Apple IDなど、アカウントにクレジットカードの登録やキャリア決済を有効にしている場合、いろいろな方法で不正利用されることが予想されます。

スマホやタブレットを持っていない、ガラケーユーザーにもdアカウントは利用できるため、必ず2段階認証を設定するよう心掛けてください。

決済サービスご利用明細(spモード決済・ドコモ ケータイ払い)

  • spモード版:「dメニュー」→「マイメニュー」→「決済サービスご利用明細(spモード決済・ドコモ ケータイ払い)」
  • パソコン版:「My docomo」→「料金の確認・お支払い一覧」→「決済サービスご利用明細(spモード決済・ドコモ ケータイ払い)」

また、上記の方法で不正利用された可能性がある場合、すぐにドコモに相談してください。

あわせて読みたい
dアカウント
dアカウントが乗っ取られた!不正利用されても返金されないこともある。 先日、dアカウントがハッキングされてしまい、ゲーム課金を10万円分が不正利用されたと相談を受けましたので、注意喚起のためにもシェ...
あわせて読みたい
迷惑メール
佐川急便になりすました迷惑メールでマルウェア感染の被害拡大中! 現在、「佐川急便」を装った迷惑メールが増加しているようです。 すでに、佐川急便の公式ホームページでは被害状況を公開しており...