iLaboo
「分かる・使える・得する」
サービス

ドコモユーザーならフレッツ光からドコモ光に切り替えない理由は何もない。

ドコモ光

ドコモのケータイを使っていれば、必ず一度は説明を受ける「ドコモ光」です。

特に、現在フレッツ光または提携CATV(インターネット)を利用している場合、新規契約とは違い、手間が掛からない「転用」での手続きとなるため、切り替えない理由がないぐらいです。

フレッツを利用している方は設置工事が不要。また、プロバイダの変更も必要ないため、そのまま利用できます。ケータイがドコモなら、とりあえずドコモ光に転用するのがオススメということですね。

ドコモ光はセット割が最大の魅力

ドコモ光

戸建てプランでフレッツ光を契約している方であれば、およそ月額4,000~5,000円です。そして、この回線契約のほかにプロバイダ契約が必要になります。プロバイダの料金はおよそ1,000円前後です。合計で月額料金はおよそ5,000~6,000円。

対して、プロバイダ料金込みのドコモ光(タイプA)なら戸建てプランで5,200円なので、差額は数百円程度です。ちなみにドコモ光(タイプB)でも5,400円です。

※マンションプラン(タイプA)は月額4,000円、(タイプB)は月額4,200円となります。

タイプA対応プロバイダ

ドコモ光

タイプB対応プロバイダ

ドコモ光

このままでは、あまりお得と感じませんが、現在の携帯電話のパケットパックは何にしていますか?

最近、ベーシックプランが提供開始となりましたが、以前まではS・M・ウルトラパックです。基本的には現在5GB以上のデータ通信の利用があれば原則お得になります。光セット割で5GB以上の利用であれば、パケットパックから800円割引となるため、5,200円が実質4,400円に割引されるため、フレッツ光より断然よりお得になります。

家族の場合

パケットパック名 データ量 割引前料金 ドコモ光セット割
ウルトラシェアパック100 100GB 25,000円 ▲3,500円
ウルトラシェアパック50 50GB 16,000円 ▲2,900円
ウルトラシェアパック30 30GB 13,500円 ▲2,500円
ベーシックシェアパック ステップ4(~30GB) 15,000円 ▲1,800円
ステップ3(~15GB) 12,000円 ▲1,800円
ステップ2(~10GB) 9,000円 ▲1,200円
ステップ1(~5GB) 6,500円 ▲800円

ひとりの場合

パケットパック名 データ量 割引前料金 ドコモ光セット割
ウルトラデータLLパック 30GB 8,000円 ▲1,600円
ウルトラデータLパック 20GB 6,000円 ▲1,400円
ベーシックパック ステップ4(~20GB) 7,000円 ▲800円
ステップ3(~5GB) 5,000円 ▲800円
ステップ2(~3GB) 4,000円 ▲200円
ステップ1(~5GB) 2,900円 ▲100円
ケータイパック ~2GB 300~4,200円 ▲500円

※ケータイパックの場合、割引期間は最大1年間となります。

上記表のように、利用量が少ない月でもパケットパックの料金が下がるため、実質的にお得。

さらに、家族で契約しているならシェアパックにしている方も多いはず。なんと~10GBまでの利用であれば、月額1,200円割引です。そのため、実質4,000円となり、フレッツ光と比べると月額1,000円も安くなります。

ドコモ光ならdポイントが貯まる

また、フレッツ光からドコモ光に切り替えることで、自宅のネット料金も携帯料金と合算になりますので、ドコモ光の料金もdポイント(ドコモポイント)付与の対象になります。

フレッツ光でもポイントプログラムはありますが、dポイントを貯めておくことでポイントの使い道が増えました。

ドコモ:dポイントクラブ

また、ドコモ光を申し込みするなら、ドコモの「dカード」を作っておくとさらにポイントが貯まってお得です。ちなみに、ドコモ光を申し込むことでドコモの利用料金が1万円を超える場合、「dカード GOLD」のほうがポイント還元率10倍になりお得です。

あわせて読みたい
dカード GOLD
ドコモユーザーは本当にお得!dカード GOLDを持つべき5つの理由。 ドコモユーザのみなさん、dカード GOLDはお持ちでしょうか?dカード GOLDはドコモが提供する電子マネーiDおよびdポイント...

dカード GOLDは、標準のカケホーダイとベーシックパックで~5GB以上+ドコモ光の契約であれば、契約しないほうが実は損になる計算です。

開通までの流れ

ドコモ光

すでに「フレッツ光」を契約している人の場合は「転用承諾番号」が必要になりますので、事前に取得しておくとスムーズに手続きができます。もちろん、電話やネットでも取得できます。(個人的には電話のほうがラクでした。)

転用承諾番号の取得

NTT東日本の場合

NTT西日本の場合

転用承諾番号が取得できたら、現在フレッツ光で契約している「契約者名」と、「プロバイダ(ぷららやOCNなど)」が分かれば申し込み可能です。

下記では、担当者が転用承諾番号の取得方法、プロバイダについて分かりやすく説明してくれるので、特に面倒なこともありません。

あわせて読みたい
ドコモ光
「ドコモ光」知っておかないと損をする!確実にお得になる条件を教えます。 スマホ(iPhone)やタブレットを使っていると、動画や音楽、ゲームアプリの使用が増えてきます。そうなると、データ通信量が増えて...