iLaboo
「分かる・使える・得する」
Y!mobile

これで安心!子供にスマホを持たせるなら維持費はいくら?ワイモバイルなら割引終了後も安い!

ワイモバ学割

スマホの低年齢化が進んでいるようで、早い所では小学生からスマホを持っているような学校、家庭もあるようです。

IT化が進み、スーパーのレジもセルフレジが生まれているような時代です。IT機器に普段から接しないままに子供時代を過ごさせるのもちょっと不安に感じるかもしれません。しかし、子供にスマホを持たせるとしたら、「毎月いくら位かかるのでしょうか?」お父さん、お母さんはご自身のスマホの維持費はいくら位ですか?

もし、自分たちと同じ金額が子供のスマホにかかってくるなら、家計の負担はかなり大きいのではないでしょうか?

そんな悩みを解決するのが「ワイモバイル」のワイモバ学割です。学割というと春のイメージが強いかもしれません。ワイモバ学割は2018年12月5日~2019年5月31日なので、もうすでに申し込みが可能です。

ワイモバイルならこんなに安くスマホデビュー

Y!mobile

まずは、「ワイモバ学割」でどれだけ安くスマホが持てるのかを見てみましょう。

ワイモバ学割で契約をすると、最大13ヶ月間1,000円の割引が入ります。ワイモバ学割のスゴイところは、もともと安い料金設定ですが、学割が適用になることでさらに毎月1,000円割引になる点にあります。

まだ、ワイモバイルを契約したことがない人でも、料金プラン設定は大手キャリアと比べると簡単です。

スマホプランはS、M、Lの3種類の基本料金から選べます。

  • プランS(3GB):2,980円
  • プランM(9GB):3,980円
  • プランL(21GB):5,980円

ワイモバイルは基本料、通話料、パケット料金が全てまとまっているので分かりやすいのです。ちなみにプランを選んでも、国内通話10分以内なら、回数制限なしで無料で通話できます。

ワイモバ学割対象になるのはプランM/Lのみとなりますが、プランMの9GBがとってもお得に使えます。ちなみに9GBなら動画を頻繁に見なければ、十分すぎる容量ではないでしょうか?

ワイモバイルには「ワンキュッパ割」があり、「ワイモバ学割」以外にもさらに1,000円の割引が1年間入ります。

ワンキュッパ割とワイモバ学割を合わせて、2,000円/年が割引になると、1年間の料金プランは以下のようになります。

  • プランS(3GB):1,980円※学割対象外
  • プランM(9GB):1,980円
  • プランL(21GB):3,980円

ワイモバイルは「1,480円」で使うために必要なこと

ワイモバ学割

ワイモバ学割を使えばプランMが1年間たったの1,980円で契約できます。9GBという大容量で月額1,980円、しかも10分以内の通話は何度でも無料です。しかし、TVCMなどで「1,480円~」という煽り文句を見たことがある人もいるのではないでしょうか?

ワイモバ学割のキャンペーンはココで終わりではありません。2つのいずれかの条件を満たすと、さらに毎月500円の割引が入ります。

条件①SoftBank 光もしくはSoftBank Airを契約している

ワイモバ学割

もし、あなたがソフトバンクユーザーであれば、「おうち割光セット」に加入しているかもしれません。

実はおうち割光セットは、ワイモバイルでも適用できます。ワイモバ学割とおうち割光セットは併用できませんが、その代り学割の割引きが500円増額されます。

これでプランMなら1,480円、プランLでも3,480円で使えるようになります。

ワイモバイルの「おうち割光セット」とは

SoftBank 光SoftBank Airの契約時に適用されるセット割引で、Sプランなら500円、Mプランなら700円、Lプランなら1,000円割引になります。

条件②家族もワイモバイルを使っている

ワイモバ学割

もし、家族でワイモバイルを使っている場合、「家族割引サービス」が組めます。そして、家族割引サービスに加入していれば毎月500円割引になります。SoftBank 光や、SoftBank Airを契約していなくてもプランMなら1,480円、プランLでも3,480円で使えるようになります。

「家族割引サービス」は、2回線目以降に適用されます。例えば、お父さんがワイモバイルで子供を新規契約で家族割にした場合、2回線目の子供のスマホ料金から500円割引されます。

※結婚していなくても同居中の恋人でも「家族割引サービス」は適用できます。

仮に、お父さん、お母さん、子供の3回線で家族割を組んだ場合、2台目以降のお母さん、子供の2回線からそれぞれ500円割引されます。

ちなみに条件①と条件②はどちらかしか割引を受けられません。

機種はどうやって用意するのか?

ワイモバ学割

ワイモバイルは格安SIMと勘違いされがちですが、自社の電波を使っているのでソフトバンクやドコモなどと同じ扱いとなります。ソフトバンクと同じ電波を使っているので、料金は安いけれど電波は3大キャリアと同じという、反則のような通信事業者です。

プランMが1,480円から使えるというのは脅威ですが、機種はどうやってよういすればいいのでしょうか?

ワイモバイルなら、機種も格安で一緒に購入できます。しかも、割引もある上に、auやソフトバンクのような4年縛りもありません。SIMフリー機種を購入して使うことも、現在使っている他社の端末をSIMフリー化してそのまま使うのも、ワイモバイルなら全て可能です。

例えば、iPhone 6s(32GB)なら、一括500円程度で購入できます。(2019年1月現在)

機種代までコミコミで学割を使えば、iPhoneが月額2,000円程度、しかも9GB使える上に電波も3大キャリア並、無料通話までついているのです。子供のスマホデビューにワイモバ学割が一番な理由がお分かりいただけると思います。

  1. 通話も通信もついてくる。
  2. 毎月1,480円~という破格の料金プラン。
  3. iPhone 6sの機種代コミコミでも2,000円程度で済んでしまう。
  4. 電波も3大キャリアと同等で店舗も全国に展開。

逆に、ここまで良条件の揃った通信事業者って他にあるのだろうか?と思いますよね。

公式サイト:ワイモバイルオンラインストア

家族全員ワイモバイルに乗り換えるとどうなる?

ワイモバ学割

次は、2018年現在の税率8%を含めた見積もり、1年経過後の見積もりを出してみようと思いますが、「もし、家族みんなでワイモバイルにまとめたらどうなるのか?」も算出してみました。

今回は夫婦でdocomoのiPhone 7を使っていて月額合計1,7000円程度、そこから子供のスマホデビューと夫婦のiPhoneもワイモバイルに乗り換えた場合の見積もりを出してみました。

父は通話が多く、通話し放題が必要という仮定で出してみます。ワイモバイルは+1,000円で通話し放題にもできます。

夫婦で17,000円のスマホの料金が、子供のiPhone代も含めてどこまで下がるでしょうか?

お父さんの場合

  • プランM:4,298円
  • スーパー誰とでも定額:1,080円
  • ワンキュッパ割:-1,080円
  • 家族割引(1回線目):0円
  • ワイモバ学割:-1,080円
  • 月額料金:3,218円

通話し放題オプションの「スーパーだれとでも定額」がついているのと、家族割は2回線目からの適用なので、その分料金が高めになっていますが、それでも3,000円程度です。

また、iPhone 7はドコモショップ、もしくはネットでSIMフリー化できる機種なので、ワイモバイルで機種を購入する必要はありません。使っている機種はそのままで。月額料金がここまで下がります。

お母さんの場合

  • プランM:4,298円
  • ワンキュッパ割:-1,080円
  • 家族割引(2回線目):-540円
  • ワイモバ学割:-1,080円
  • 月額料金:1,598円

通話もネット通信も少なめのお母さんは、家族割引サービスも適用され、税抜き1,480円まで料金が下がりました。

ここまで夫婦の月額料金だけで4,816円です。1人当たりの料金ではなく、2人分の合計で4,816円です。

子供の場合

  • プランM:4,298円
  • ワンキュッパ割:-1,080円
  • 家族割引(3回線目):-540円
  • ワイモバ学割:-1,080円
  • 月額料金:1,598円

あまり変わらないので問題ないと思いますが、各種キャンペーンの割引は、割賦金からは割引できません。そのためiPhone 6s割賦金の2,160円は、どうしてもかかってしまいます。ただ、見方を変えれば割賦金の2,160円以外はすべて無料で9GB使えるという言い方もできます。

それでは、家族3人の月額料金はいくらになるでしょうか?

  • 父:3,218円
  • 母:1,598円
  • 子:1,598円
  • 合計:6,414円

なんと、子供のスマホデビューで負担が増えると思ったら、逆に通信費が月額1万円も下がってしまいました。家族3人のスマホの料金が月額6,500円なら、今までかかっていた通信費で色々なことが出来ちゃいそうですね。

お母さんも子供も大喜びではないでしょうか?

iPhone 6sで子供から不満はでないのか?

現在、iPhone XsやXRなど、最新機種のiPhoneと比べると、iPhone 6sだと子供が納得しないのでは?と思うかもしれません。たしかに型落ちではありますが、口コミや店頭での会話を聞いてても、iPhone 6sであることの不満は少ないようです。

中高生のiPhoneへのこだわりは確かに強いのですが、iPhoneの世代についてはそれ程関心がありません。そもそも「iPhone 6以降はマイナーチェンジしかしていない」というのが世間の評価で、例えば、iPhone 6sとiPhone 8の違いを聞かれて即答できるユーザーもほとんどいないのではないでしょうか?

現在のiPhone Xs値上がりにより、「iPhoneが高すぎる!」という風潮もあり、実際に売れているのは型落ちのiPhone 8だったりする位です。

大人でもそうですが、子供にしてもiPhoneの型落ちへの不満というのはそれ程ないのが実情で、そもそもハイスペックなiPhoneは、iPhone 6sでも十分すぎる位の高性能機種となります。

1年経ったらいくら料金が上がるのか?

ワイモバ学割

家族3人で月額6,500円という驚きの見積もりが出ました。しかし、ワイモバ学割は最大13ヶ月間、ワンキュッパ割も1年間で割引が終わります。

1年経った後の見積もりがどうなるのかについても要確認です。では、プランはそのままで、1年後の見積もりを出してみます。

お父さんの場合

  • プランM:4,298円
  • スーパー誰とでも定額:1,080円
  • ワンキュッパ割(終了):0円
  • 家族割引(1回線目):0円
  • ワイモバ学割(終了):0円
  • 月額料金:5,378円

お母さんの場合

  • プランM:4,298円
  • ワンキュッパ割(終了):0円
  • 家族割引(2回線目):540円
  • ワイモバ学割(終了):0円
  • 月額料金:3,758円

子供の場合

  • プランM:4,298円
  • ワンキュッパ割(終了):0円
  • 家族割引(3回線目):540円
  • ワイモバ学割(終了):0円
  • 月額料金:3,758円

それでは、2年目の家族3人の月額料金はいくらになるでしょうか?

  • 父:5,378円
  • 母:3,758円
  • 子:3,758円
  • 合計:12,894円

ワンキュッパ割1,080円とワイモバ学割1,080円が終了することで、合計6,500円ほど高くなります

しかし、ワイモバ学割が終われば、プラン変更で料金を安くする方法はあります。プランMは9GB使えますが、実はプランSでも3GB使えます。プランMからプランSに変えると1,080円安くなります。父と母をプランSに変更した場合の見積もりがこちらになります。

お父さんの場合

  • プランS:3,218円
  • スーパー誰とでも定額:1,080円
  • ワンキュッパ割(終了):0円
  • 家族割引(1回線目):0円
  • ワイモバ学割(終了):0円
  • 月額料金:4,298円

お母さんの場合

  • プランS:3,218円
  • ワンキュッパ割(終了):0円
  • 家族割引(1回線目):540円
  • ワイモバ学割(終了):0円
  • 月額料金:2,678円

子供の場合

  • プランM:4,298円
  • ワンキュッパ割(終了):0円
  • 家族割引(3回線目):540円
  • ワイモバ学割(終了):0円
  • iPhone 6s(32GB)割賦金:2,160円
  • 月額割引:-1,620円
  • 月額料金:4,298円

それでは、2年目以降に料金プランを見直した結果は下記の通りです。

  • 父:4,298円
  • 母:2,678円
  • 子:4,298円
  • 合計:11,274円

料金プランを見直すことで、11,274円まで下げることが出来ました。プラン変更も含めて考えると、家族の通信費はこのようになります。

最初の1年間:6,976円、2年目の料金:11,274円。2年間の月額料金の平均は9,125円となります。2年間docomoで1,7000円払っていたと仮定すると、2年間のお得額の合計は「189,000円」にもなります。家族3人で海外旅行にも行けちゃいますね。

子供のスマホデビューの料金の心配も、ワイモバ学割をうまく活用すれば乗り切れると思います。是非参考にしてみてください。

公式サイト:ワイモバイルオンラインストア

関連記事:【解説】ワイモバ学割が「1,000円×13ヶ月=13,000円」にならないケースもある。

あわせて読みたい
ワイモバ学割
【解説】ワイモバ学割が「1,000円×13ヶ月=13,000円」にならないケースもある。 ワイモバイルでは、2018年12月5日~2019年5月31日の期間中「ワイモバ学割」が始まりました。 「ワイモバ学割」とは...